ソニー “スマホの画質は2024年で一眼カメラを超える”

スマホの画質は2024年で一眼カメラ越え

 「ここ数年以内に、静止画では一眼カメラの画質を超えると見ている」――。スマートフォン搭載カメラについてこう見通しを示すのは、ソニー セミコンダクタソリューションズ(SSS)代表取締役社長 兼 CEOの清水照士氏だ。スマホ向けで加速する大口径化の傾向に、同社が開発する高飽和信号量技術注1)などが組み合わさることで実現するという(図1)。この発言と同時に示した資料では、24年に「静止画は一眼カメラの画質を超える」とあることから、一眼カメラ超えの目安は、24年とみられる。

日経XTECH

スマホの画質は2024年に一眼カメラを超えるかもしれない。そんな見通しをソニーセミコンダクタソリューションズの代表取締役社長が示したそうです。面白い記事なので全文は記事元リンクからご覧ください。

どのような技術でそれが可能になるのかというと、まずはセンサーやレンズの大口径化、そして多眼化で、さらに2層トランジスタ画素というダイナミックレンジを2倍に拡大できる新しい構造の画素を採用したセンサーなどを利用するそうです。これにより人工知能などの機能と組み合わせて、2024年には静止画において一眼カメラを超えるとしています。また、2030年には測距センサーを活用した背景ぼけが可能にもなるとしています。

背景ぼけについては2030年となっていますので、さすがにすぐにはミラーレスカメラのようなことは不可能なのかなと思いますが、いまでも合成技術などを利用してそれなりに背景ぼけを作る技術が向上しているので、あながち本当に実現できるかもしれません。

といっても、スマホ用のセンサーの技術が向上すれば、必然的にその技術はカメラ用のセンサーにも導入されるでしょうから、スマホのカメラがそう簡単にミラーレスを超えるようになるとは思えません。なので、記事の題名だけみると刺激的な言葉ですが、”2024年に2022年現在のレンズ交換式カメラの画質を超える”と読み替えたほうが正確なのかもしれません。

あと背景ぼけについては、例えば人物を撮影したときに髪の毛の向こう側にある景色についても、髪の毛を溶かすことなく背景ぼけをデジタル的に作ることなんて将来にもできるのでしょうかね?それが実現したらかなりすごいなあと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog