Nikon Z 30の予想デザインが醜いと話題

Nikon Z 30はこんなカメラになる?

これは流出情報ではなく、あくまで想像上のカメラです。アイキャッチ画像はNikon Z 50のイメージ画像です。中国版twitterのweiboで情報を公開しているCameraBetaが、Nikon Z 30がこのようにカメラになるのではないか?という画像を公開しています。繰り返しますが、流出画像ではありません。

それでは、その画像をみてみます。

CameraBeta

以前にも似たような画像を見ましたが、それに近いものとなっているようです。形状的には、Nikon Z 50から軍艦部を取り除いたというようなイメージ画像になっていることがわかります。というか、フォトショップあたりで軍艦部まわりを削除しただけのようにも見えますね。

海外のサイトでは、この画像を見て、”醜いデザイン”という評価でもっぱらです。レンズが大きすぎるんでしょうか。Zマウントで寸胴型の銅鏡にすると、このようなデザインになるのは仕方が無いと思いますね。

逆に、レンズをキヤノンのRF-Sレンズのように先すぼみにすると、それはそれで格好悪いという意見が結構おおいです。

先すぼみになっているRF-Sレンズ

デザイン的には、恐らくカメラ上面がまっすぐになっているのが格好悪い印象が強くなる要素のようですので、EOS RPのようになで肩のスタイルのほうが好まれるかもしれません。

発表が噂されているZ 30ですが、そもそもEVFがないというのはかなり昔にでてきた噂の話で、決して確定ではありません。動画向けでしたらEVFがない可能性はあると思いますが、エントリークラスの発売を縮小していく予定のニコンに、EVFがない機種を発売する可能性があるのでしょうか?Z 30の発表は本当なのか、それともフェイクなのでしょうか。気になりますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 50
最新情報をチェックしよう!