ニコン 海外でもD3x00、D5x00がディスコンに 廉価機からの撤退鮮明に

nikon d5600

海外でもD3x00、D5x00がディスコンに

ニコンが海外でも公式にD5x00シリーズと、D3x00シリーズをディスコンにしたことが明らかになったようです。

ニコンは、すでに日本ではNikon D3x00とNikon D5x00をホームページ上で終売扱いとしており、すでにディスコンになったことが明らかになっています。そして、海外でもついに各小売店にディスコンになることが提示されたようです。

ニコンはNikon D3x00とNikon D5x00の製品ラインを公式にディスコンにしたことを小売店に公式に告知した。

NikonRumors

これだけの情報では実際に告知されたかどうかは不明ですが、恐らく実際に小売店にそのような告知が届いているのでしょう。

D5x00とD3x00シリーズに関しては、日本ではディスコンになるけれども、まだまだ一眼レフの需要が高く、身体的に大きなカメラでも苦にならない、大きなカメラのほうがステータスがあるというような国に向けては、しばらくカメラを製造して販売していくのではないかと見られていました。そして、日本ではミラーレスへの転換が他国よりも早かったので、日本だけディスコンになったのではないかという観測もありました。

しかし、今回、改めて海外でもディスコンになったということで、完全に製造は終了し、在庫だけになるということになりそうです。

ニコンは廉価機から撤退へ

ニコンは、以前に当サイトでも報告したように初級機=エントリークラスのカメラからの撤退を明らかにしています。何を持ってエントリークラスというのかというのは主観になりますので、今後はどのクラスのカメラが発売されるのかは不明ですが、少なくとも、最も廉価なカメラはNikon Z 50か、その一つ下のクラスのカメラになるだろうと思われます。

そうなると廉価な一眼レフを販売するのは、キヤノン、ペンタックスが主なメーカになり、キヤノンやペンタックスにとってはニコンが得ていたぶんのシェアを獲得する可能性があるので、この両社にとってはメリットになる可能性が高そうです。

また、キヤノンもどうも最近はAPS-C RFマウントミラーレスを発表するなど、ミラーレスへの移行を加速しているように思えますので、いずれかの段階で一眼レフから撤退する可能性もあるのかなと思いますね。

そうすると、完全に一眼レフ市場を手中に収めることができる可能性がでてきたのがペンタックスです。このような競争相手が撤退したなか、最後まで残った企業が市場を独占することで得られる利益を残存者利益といいます。

数は少なくなるかもしれませんが、一眼レフを購入したいという人は一定数いると思いますので、その市場向けに製品を供給していけば、ペンタックスのニッチ市場で生き残る可能性ができるのかなと思いますね。ペンタックスにとっては、キヤノンが撤退するのか、残るのかによってペンタックスブランドの存続にも関わるような状態になっているのではないかと思います。

そして逆に競争が激しくなるのがミラーレス市場です。ニコンは廉価機を発売しないことで中高級機しか発売しないことになりますが、それで新しくカメラを購入する人に選択してもらえるメーカとなるのでしょうか?そのあたりが少し心配です。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

nikon d5600
最新情報をチェックしよう!