デジカメ世界シェア キヤノン45.8%でトップ ニコンはソニーの約1/3に沈む

CANON EOS R6 Mark II

2021年デジカメシェア公開

2021年のデジタルカメラの台数シェアが公開されているようです。各社どの程度のシェアを得ているのでしょうか?それでは記事をみてみましょう。

Digital camera 2021 global market share (compared to 2020) *Techno System Research

Canon … 45.8% (-2.1%)
Sony … 27.0% (+4.9%)
Nikon … 11.3% (-2.4%)
Fujifilm … 5.9% (+0.3%)
Panasonic … 4.4% (±0.0%)

FujiRumors

説明が難しいのですが、記事によれば、このシェアの調査は日本で有名なテクモシステムリサーチという会社が、全世界のカメラシェアを調査した結果のデータだとしています。

そして記事によれば、2021年のデジタルカメラの世界シェアは、2020年と比較して上記のような変動があったとしています。

まずシェア的にはキヤノンが45.8%で圧倒的なシェアを獲得していることがわかります。それでも2.1%減少しているので微減という状況です。逆にシェアを大幅に伸ばしているのはソニーで、前年比5%増で27%の世界シェアを獲得しているとしています。

そしてかつてキヤノンと争っていたニコンはシェアを減らし11.3%に留まっていることが明らかになりました。シェアが11.3%で振り返れば富士フイルムが近づいているという状況はかなり寂しい状況と言えるかもしれません。

ニコンにとっては一眼レフが主流だった時代には、今のようにソニーと約3倍近くシェアの差がでるとは思ってもいなかったでしょうね。ニコンはNikon Z 9の発売で市場に一石を投じていますが、それが今後の新製品にも続いていくかどうかが大事なのだろうと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

CANON EOS R6 Mark II
twitterで最新情報をチェックしよう!