ヨドバシカメラ売れ筋ランキング キヤノンとソニーが拮抗

ヨドバシカメラ売れ筋ランキング

第1位 キヤノン EOS R6 ボディ
第2位 キヤノン EOS Kiss M2 ダブルズームキット
第3位 ソニー α7 III ボディ
第4位 ソニー α7 IV ボディ
第5位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット
第6位 ソニー α7 III レンズキット
第7位 キヤノン EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
第8位 キヤノン EOS R5 ボディ
第9位 ニコン Z 50 ダブルズームキット
第10位 ソニー α7R IV ボディ

CAPA CAMERA WEBより

ヨドバシカメラの2022年1月上半期の売れ筋ベストテンが公開されています。集計期間は2022年1月1日~1月15日で、ヨドバシのネットショップと、全国のヨドバシカメラで販売されたカメラのランキングということになります。ランキングについての詳細な解説がありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

ランキングは上位のほとんどをキヤノンとソニーが独占しているような状態です。キヤノンからはEOS R6、RP、R5が順当にランクインしていて、ソニーはα7シリーズが好調という感じですね。

カメラ販売を祖業とするヨドバシカメラなので、カメラ販売に強く、高価格なフルサイズミラーレスでもばんばん上位に入ってくるのはさすがという感じです。

そんな中でも目立つのが、EOS Kiss M2と、Z 50ダブルズームキットですね。どちらもAPS-Cセンサーで、ここまで上位にランクインするのは珍しいです。Kiss M2はキャッシュバックキャンペーンを行っていたこともあると思うのですが、ここにきて突然のランクインということで驚きです。

ニコンのZ 50はヨドバシでも結構売れていて人気になっているのがわかります。製品価格そのものは高いのですが、カメラ本体の性能と、レンズの描写性能が高いので人気になっているのではないかと思いますね。

ソニーの供給不足は回復か

それでは、売れ筋ランキングのこれまでの流れをみてみます。まずは上位にはキヤノンのR6、R5、RPが上位に長期間安定してランクインしていることがわかります。ソニー製品も年末にかけてランキングを下げていた製品がありますが、ここにきて復活しているので、年末の製品供給に一時的に問題がありましたが、それが復活してきているのではないかと思いますね。

ニコンのNikon Z 50も9位から10位にかけて安定してランクインしている様子がわかります。APS-CミラーレスではZ 50は存在感を出しているといえそうです。ただ、Z fcのほうが上位にランクインしてもおかしくないと思うのですが、やはりまだまだ供給が不足しているのだろうと思います。

そしてヨドバシカメラのランキングであれば、ニコンとしてはZ 6IIやZ 7IIがランクインして欲しいところだと思いますが、Z 6IIとZ 7IIは旧製品のマイナーチェンジバージョンということで、買い替え需要につながっていないこと、開発サイクルが長いので他社と比較すると性能的に陳腐化してしまっているのが売れていない原因ではないかと思います。Z 9の機能をはやめに下位モデルにも落としていって、挽回していって欲しいと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top