ヨドバシ 8月上期カメラ販売ランキング なぜNikon Z fcがランク外に??

ヨドバシカメラ 一眼カメラランキング

データ集計期間 : 2021年8月1日~8月15日

第1位 ソニー α7C ズームレンズキット
第2位 ソニー α7C ボディ
第3位 キヤノン EOS R5 ボディ
第4位 ソニー α7 III ボディ
第5位 ソニー α7S III ボディ
第6位 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット
第7位 ニコン Z 5 24-70 限定セット
第8位 キヤノン EOS R6 ボディ
第9位 ソニー α7 III レンズキット
第10位 ニコン Z 7II ボディ

CAPA CAMERA WEB

ヨドバシカメラの一眼カメラ売れ筋TOP10が公開されています。ランキングの解説などもありますので、すべては記事元リンクからご覧ください。今回の集計期間は8月上期となっています。

さて、今回のランキングでは、やはりソニーが圧勝という感じですね。小型なα7Cが1位と2位にランクインしています。やっぱり小さいは正義ということなのでしょうか。散歩でも持ち歩けるフルサイズ機ということで人気がでているようですね。

今回のランキングではニコンも複数機種がランクインしています。Nikon Z 5とNikon Z 7IIボディです。Nikon Z 5はレンズキットなので、たぶんはじめてカメラを購入する人などが購入している割合が高いのかな?と思いますね。10位のNikon Z 7IIはボディ単体なので、Z 6や一眼レフからの買い換え需要ではないのかな?と思います。

Nikon Z 5は先月末まで価格が下落していて、標準ズームキットで16万円を割る価格になっていました。フルサイズで標準ズームがついて16万円というかなりのお値打ちな価格ですので、ランキング上位に入るのも理解できるところです。ほとんどNikon Z 6と同じ性能でこの価格は安いと思います。

Nikon Z fcはどうなったのか

前回のヨドバシカメラのランキングでは、Nikon Z fcの標準ズームキットが3位にランクインしていました。

ヨドバシ カメラ売れ筋ランキング Nikon Z fcは何位にランクインしたのか??

しかし、今回はランク外ということで、かなり販売数量が落ちたことがわかります。たぶん、これはNikon Z fcの供給量が極めて少なくて、ランキングに反映されるほどの数量も入荷できていないことを意味していると思います。

ランキングから考えると、このランキングは販売台数のランキングなので、ヨドバシカメラが販売するNikon Z 7IIの数量よりも少ない量しか製品が入荷していないということを意味しています。ということは、Nikon Z fcの現在の供給量は極めて少ないのではないかと想像されますね。

これは生産計画をかなり少なく設定していたか、もしくは新型コロナウィルスや半導体不足の問題で製造ができない状況になっている可能性が高いと思います。しばらくはNikon Z fcの入手は難しいと考えたほうがよさそうです。カメラで転売を考える人は少ないと思いますが、へんにプレミアがつくと転売ヤーが買い占めるなどして、さらに需要が膨らむ可能性があるのでなんとかして欲しいと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ヨドバシ 8月上期カメラ販売ランキング なぜNikon Z fcがランク外に??」への1件のフィードバック

  1. Nikon Z fcはヨドバシカメラを含め主要販売店では在庫がありませんから
    仕方がありませんね。
    生産が追いつかないのか、半導体不足が原因なのか分かりませんが商機を
    逃すのは勿体ない。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top