ヨドバシ売れ筋ランキング “Z 30は前評判からは低すぎる順位”??

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン

ヨドバシカメラの8月上期の売れ筋ランキングが公開されています。初登場のNikon Z 30はどのような順位になっているのでしょうか?

それでは、記事をみてみます。

■ニコン「Z 30 ダブルズームキット」が初登場で10位にランクイン
ニコンは、前回10位の「Z fc 16-50 VR S レンズキット」に代わってランクインしてきたのが、2022年8月5日発売の「Z 30 ダブルズームキット」。上位機の「Z 7」と同じ画像処理エンジン、「Z fc」に搭載のイメージセンサーを採用したAPS-Cミラーレスで、Vlog撮影にも最適なサイズと機能を備えている。前評判からすると、低すぎる順位でのスタートにも思えるが、今後どこまでランクアップしていくのか注目していきたい。

データ集計期間 : 2022年8月1日~8月15日

第1位 ソニー α7 IV ボディ
第2位 キヤノン EOS R10・RF-S18-150 IS STM レンズキット
第3位 ソニー α7 IV ズームレンズキット
第4位 キヤノン EOS R5 ボディ
第5位 キヤノン EOS R3 ボディ

CAPA CAMERA WEB

ランキングは10位まで公開されていますので、すべてのランキングは記事元リンクからご覧ください。

今回のランキングは、ヨドバシカメラの2022年8月1日から15日までのランキングとなっています。ランキングをみると、1位と3位にα7 IVがランクイン、6位、7位、9位にもソニー製品がランクインしていてソニーが強いなという印象ですね。しかし、キヤノンもEOS R10、R5、R3、R6がそれぞれランクインしていて、キヤノン製品もかなり売れているらしいことがわかります。

特にEOS R3が5位にランクインしているのには少し驚きました。供給不足が少しずつ解消していて、カメラ専門店では少しながらもランクインする程度には供給があるということなのでしょうか?

Z 30のランキングは期待外れ?

ニコンのNikon Z 30は、このヨドバシランキングで初登場でした。引用外のランキングになりますが、Nikon Z 30のダブルズームキットが10位にランクインしています。

記事では、前回10位だったZ fcの標準ズームレンズキットの代わりにランクインしたとしていますが、前評判からすると低すぎる順位かもしれないとしています。

Nikon Z 30の発売日は8月5日でしたので、集計期間に10日間含まれている計算になるので勢いがあれば、もっと上位を狙えたと思うのですが、残念ながら新製品の発売週にも関わらず10位どまりになってしまったようですね。

ひょっとして在庫不足になってるのか?と思ったのですが、価格.comでは、Z 30のダブルズームキットはカメラのキタムラ、コジマ、マップカメラ、ケーズデンキ、ヨドバシ、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機で在庫があるという表示になっているため、決して供給不足ということではなさそうです。

そう考えると確かに、前評判からするとちょっと物足りないランキングのようにも思えます。

ただ、販売が好調なソニーもZV-E10も今回のランキングには入っていません。供給不足から回復しているはずなのでもっと上位にランクインしていてもおかしくないのですが、ランキングに入っていないということは、ヨドバシカメラでは動画撮影向きのカメラの売れ行きはあまりよくないということなのでしょうかね?

いずれにせよ、今後のランキングの推移には注目です。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!