キヤノン 製品供給状況を更新 EOS R7の納期に時間が必要

キヤノンが供給状況のお知らせを更新

EOS R3
EOS R5 C
EOS R7
RF14-35mm F4 L IS USM
RF400mm F2.8 L IS USM
RF800mm F5.6 L IS USM
RF1200mm F8 L IS USM
順次、出荷の予定ですが、通常よりも納期にお時間を頂戴する場合があります。

キヤノンWebサイト

キヤノンが製品の供給状況のお知らせを更新しています。上記が最新の供給状況で、EOS R3などのカメラやレンズ4本が通常よりも納期に時間がかかる場合があるとしています。そして先日発表されたEOS R7についてもすでに納期が送れるということになってしまっています。

これまで、EOS R3とRF14-35mm F4 L IS USMは納期に半年以上かかる可能性があるとしていましたが、それが通常よりも時間がかかるというように、少し納期が短縮されるような状況に変化したようですね。

そして、これまで通常よりも納期に時間がかかると表記されていたRF16mm F/2.8 STM、アイカップER-hE、レンズフードEW-65Cの表記がなくなっていますので、これらの製品については供給問題については改善したと考えられそうです。

EOS R7に関してはEOS R3と同様で、人気があるので供給不足というわけでなく半導体不足などで供給が不足する可能性が予見されるためあらかじめ告知しておくといったところではないかと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog