デジカメ売れ筋ランキング キヤノン絶好調!!

BCNデジカメ売れ筋ランキング

集計期間:2022年03月07日~03月13日

1 キヤノン EOS Kiss M2 ダブルズームキット ホワイト
2 キヤノン EOS Kiss M2 ダブルズームキット ブラック
3 キヤノン EOS Kiss X10 ダブルズームキット ブラック
4 キヤノン EOS Kiss X10i ダブルズームキット
5 ソニー α7 IV
6 オリンパス OLYMPUS PEN E-PL10 EZ ダブルズームキット ホワイト
7 ソニー α6100 ダブルズームレンズキット ブラック
8 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット
9 パナソニック LUMIX G100 標準ズームレンズ トライポッドグリップ付属
10 オリンパス OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV EZダブルズームキット シルバー

BCN

BCNがデジカメ売れ筋ランキングを更新しています。ランキングは50位までありますので、すべてのランキングは記事元リンクからご覧ください。また、ランキングは動的に変更されますので、記事元のランキングと上記のランキングは異なる可能性があることに注意してください。

さて、ランキングをみてみるとキヤノンがTOP4を独占し、順調に売れている様子がわかります。その後には、先日発売されたα7 IVがランクインしていて、α7 IVの人気の高さがわかりますね。その後には、比較的に価格が魅力的な機種や動画撮影向きのカメラがランクインしている印象です。

キヤノンは特に一眼レフでも上位にランクインしていて、残存者利益を思う存分享受している状態です。これは一眼レフで二大巨頭だったニコンが一眼レフから撤退したこと(未確定)と、ペンタックス機のブランド力不足が影響しているのだろうと思います。

やはりキヤノンとEOSとKissというブランドは圧倒的で、これまではニコンとキヤノンで分け合っていたシェアを、完全にキヤノン一社が引き受けるような状態になってしまい、ペンタックスにプラスに働くことなく結果的にキヤノンが有利な状況を得ているということがいえるのだろうと思います。

もし自分であれば、いまミラーレスを購入するならミラーレスですが、一眼レフも購入している人がいることにもちょっと驚くのですが、どの点に一眼レフの魅力を感じているのでしょうか。

圧倒的に強いキヤノン製品

それではランキングの推移をみてみます。

このグラフをみるとわかりますが、上位4位以内はほぼキヤノンが独占しています。価格とバランスに優れたEOS Kiss M2が圧倒的に売れている状況なのだろうと思いますね。

逆に6位以下に関しては、それぞれ定期的にランクインしているので、恐らく販売的には拮抗している状況で、その都度、売れたり売れなかったりする週があるという状況になっているのだろうと思いますね。

そのような中でも、キヤノン製品についで売れているα7 IVはすごいなと思います。フルサイズですし、価格も安いわけではありません。むしろ発売された直後で価格が高い時期です。それにも関わらず売れているということは、逆にソニーのフルサイズミラーレスはかなり市場に受け入れられていて、人気があるのだなと感じています。これは、キヤノンやニコンにとっては驚異になると思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top