Z fc 28mm f/2.8 SEキットの販売店が増加中 製品供給が戻ったのか??

Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットの価格調査

価格.com

Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットを販売しているショップがちらほらと出始めているようです。

Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットの現在の最安値は14万3550円となっていて、上記のグラフからみるとわかりますが、ほとんど一定で変化はありません。そのかわり平均価格は発売の10月1日から極端に値上がりしていることがわかります。

これは、恐らくですが、発売数日後に激安系のショップにもZ fc 28mm f/2.8 Special Edition キットが入荷しだしたためだと思われます。なぜこのようになるのかというと、一般ショップが恐らく仕入れ価格に特定の割合の利益を単純に上乗せして販売価格にしているのに対し、激安系のショップは完全に他社との競争の兼ね合いで価格が決定されるためです。

もし激安系のショップが1店舗しか発売していなかったら、青天井で価格は値上がりする可能性もあると思います。もちろん、実際に数億円という価格設定では売れないので、仕入れ値に対する上限というのは決まっているのだろうとは思いますが、価格は付けたい放題ということになりますね。

なので、10月1日から数日経過した時点で価格が上昇しているのは、一般ショップにはすでに在庫がなく激安系ショップ同士で価格を争うような形になって急上昇し、その後、激安系ショップ同士の価格競争が始まり、少しずつ値下がりしているような状況になっていると思います。

もし、一般ショップの数店舗で在庫切れにならないような状況になると、激安系ショップはその一般ショップよりも安い価格を設定しなければならないので、一気に平均価格は下落するだろうと思います。

Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットを入荷しているショップが増えつつある模様

Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットを販売しているショップを調べてみると、少しずつ在庫を抱えているショップが増えているようです。記事執筆時点でも、三星カメラ、カメラドーム、トップカメラ、カメラのミツバ、Amazon、ソフマップでZ fc 28mm f/2.8 Special Edition キットの入荷があり、購入可能となっています。

前回の調査では1ショップあるかどうかでしたので、かなりの供給があったのだろうと思いますね。ですが、この定期的に供給がある状況が続くのか、それとも今回、まとまった供給が1回だけあったのかはまだわかりません。あるまとまった数量の供給があり、一時的に販売ショップ数が増えただけの場合は、このままでは再び売り切れてしばらくは在庫なしの状況がまだ続くと考えられます。

定期的に供給がある状況が整った場合や、Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キットの初期需要が満たされてしまった場合には、今後はZ fc 28mm f/2.8 Special Edition キットを販売するショップも少しずつ増えてくる可能性もあるかもしれません。

たぶん今回、一時的に在庫が復活しているショップが増えているのは、一時的にまとまった入荷があったからで、数日すれば完売して販売するショップ数は減っていくように想像しています。恐らく半導体不足はそう簡単に解決しないと思うのが、その理由ですが実際にはどのようになるでしょうか?

[template id=”4241″]

「Z fc 28mm f/2.8 SEキットの販売店が増加中 製品供給が戻ったのか??」への1件のフィードバック

  1. ヨドバシカメラやビックカメラは在庫なしですし一時的に
    入荷したのでしょう。
    まだまだ品不足のようです。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top