ペンタックス FA 21mmF2.4ED正式発表 レンズロードマップも更新

 

ペンタックスがフルサイズ用超広角単焦点レンズを正式発表

Kマウントフルサイズ一眼レフカメラ用超広角単焦点レンズ

「HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR」を新発売
~D FA初となる新世代リミテッドレンズ~

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、こだわりの描写性能や外観が好評の「リミテッドレンズ」シリーズの最新モデルとして、Kマウントフルサイズデジタル一眼レフカメラフォーマットに対応した超広角単焦点レンズ「HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR」を発売いたします。

本製品は、描写における”レンズの味”や高い質感を追求したアルミ削り出しの外観など、こだわりある仕上げで高い評価をいただいている「リミテッドレンズ」シリーズの最新モデルとして、35ミリ判フルサイズデジタル一眼レフのイメージサークルをカバーし、さらにデジタル画像の特性に最適化した初の「D FA」レンズです。リミテッドレンズシリーズがこれまで大切にしてきた「数値では測れない、その場の空気感(立体感)を映し出す自然な描写であること」、「撮影を愉しんでもらえること」、「いつまでも持つことの悦びを感じてもらえること」を満足できる製品を目指して開発いたしました。従来のFAリミテッドレンズには無かった焦点距離となる超広角21mmの世界でも、リミテッドレンズならではの個性的な描写を愉しめるレンズに仕上げています。

リコーペンタックス

当サイトでは紹介していませんでしたが、かつてから噂があったフルサイズ一眼レフ用の超広角単焦点レンズHD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WRが正式発表されました。発売予定日は11月中旬で、希望小売価格は19万8000円(税別)だそうです。かなりの高価格なレンズですね。

併せてレンズロードマップも更新

新レンズにあわせてレンズロードマップも更新されています。以下がその画像になります(画像タップで拡大します)。公式のPDFはこちらからどうぞ

上側のロードマップがすべてのレンズのロードマップ、下側がその中からフルサイズセンサーに対応しているレンズのロードマップとなっているようです。

このうち、それぞれのレンズの違いについてはと解釈しているのですが正しいでしょうか?

・FA フィルム時代のフルサイズ用 APS-Cにも使える
・DA デジタルのAPS-C用
・D FA デジタルのフルサイズ用 APS-Cにも使える

そして現時点で発売が予定されているレンズは24~40mmぐらいのフルサイズ用の大口径広角単焦点レンズ、70~300mmぐらいのフルサイズ用の望遠ズームレンズということになるのでしょうか。

FAレンズも含めてですが、このようにみるとかなりペンタックスもレンズの種類がかなり充実してきたなという印象ですね。ニコンとキヤノンの動向次第では、フルサイズ一眼レフやAPS-C一眼レフでニッチな市場を独占できる可能性もありそうです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!