Nikon Z 9 最新ティザー動画への海外の反応 目新しい情報なかった??

Nikon Z 9の2本目のティザーの海外の反応

ニコンはまもなく発売予定のNikon Z 9ミラーレスカメラの2本目のティザー動画を公開した。

ユニークな3軸チルト背面液晶を見せている最初のティザー動画とは違い、この動画はカメラについて多くの新しい情報を確認することができないようだ。特にこのティザー動画はカメラの開発発表時に確認できていた30fpsで8k動画を録画する能力がある事を含む、Nikon Z 9の動画能力に注視している。それは一般的な30分制限を1時間以上を超えて録画できることを示している。

これでNikon Z 9のティザー動画はあと2回となった。次のティザー動画では、ニコンがもう少し情報を明らかにしてくれることに期待したい。

DPREVIEW

2本目のニコンのティザー動画が示唆していることは、ニコンのフラッグシップカメラが8k 30pで2時間まで録画できる能力があるということだ。これはとても素晴らしいことだが、そのためにはどれだけ高額なメモリカードが必要になるのかという疑問がある。

今回の動画は背面液晶と上部液晶がよく見え、カメラマンが正体不明のレンズを使用して野生動物を撮影している様子が映っているだけで、それ以上のことはよくわからない。我々が推測できることは、Nikon Z 9は8kで最大2時間の撮影ができるということだけだ。

ティザー広告は8kビデオを撮影できる能力があることが示されており、その背面液晶は4320 30pと1時間20分と表示されていた。しかし、Logで撮影できるのか、またはRAWで撮影できるのか、その圧縮率はどれぐらいになり、クロマサブサンプリングモデルを利用できるのかどうかも明らかになっていない。また8k録画は2時間が限界だとすると、4kではどの程度の長さを撮影できるのかという疑問が残る。

DigitalCameraWorld

2本目のティザー動画は印象的ではなかったのか

海外のカメラ関係のサイトで、先日公開されたNikon Z 9の2本目のティザー動画についての話題が掲載されています。その動画はこちらからご覧いただけます。

【速報】ニコン Nikon Z 9の2本目のティザー動画を正式公開

この動画をみると、どうやら4320p(8k動画の垂直解像度)で 30fpsの撮影が可能だろうであることが示されています。そして、たまに差し込まれる背面液晶の動画をみると、その背面液晶の上部中央に録画時間らしい数字が記述されていることがわかります。そしてその数字から1時間20分ほど動画が撮影されているらしいことがわかります。

このことから、海外では8k 30pで2時間ほどの撮影ができることを示しているティザー動画ではないか?と考えているわけですね。そして、その8k動画が録画可能であることは開発発表時からわかっていたことで、その連続録画時間がわかっただけで、1本目のティザー動画よりも目を見張る内容のものは含まれていないと判断しているようです。逆に言うと、それだけ3軸チルトの印象が強かったといえそうです。

個人的には、とても暑そうな環境で、1時間以上も連続で8k動画が撮影できているので、かなり放熱性能が高く、これは他のカメラと比較して強みになるのかな?と思ったのですが、海外のサイトでは、この点についてあまり評価されていなかったことに驚きでした。

3本目のティザー動画については21日の発表が想像されるわけですが、次の動画がどのようなものになるのか楽しみですね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!