21年上半期ミラーレス販売ランキング ソニーとキヤノン接戦 1位は??

2021年上半期ミラーレスランキング

1位 α6400 ダブルズームレンズキット ブラック
2位 EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト
3位 α6400 ダブルズームレンズキット シルバー
4位 EOS Kiss M2 ダブルズームキット ホワイト
5位 EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック
6位 FUJIFILM X-A5 レンズキット シルバー
7位 FUJIFILM X-A5 レンズキット ブラウン
8位 EOS Kiss M2 ダブルズームキット ブラック
9位 Z 50 ダブルズームキット
10位 α7 III ボディ

BCN

BCNが2021年上半期のミラーレスカメラの売れ筋ランキングを公開しています。集計期間は2021年1月1日~6月30日となっています。ランキングの考察もありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

ランキングによれば、上半期のミラーレス販売ランキングはソニーのα6400が1位と3位にランクインしたそうです。α6400は価格は決して安くないのですが、今年はランキング上位に顔を出すことが多かったので、納得の1位と3位という感じです。それだけ、カメラメーカとしてのソニーや、その製品が認知されてきているのがわかります。ただ、個人的にはキットレンズが少し残念で、もう少しまともなレンズをキットレンズにしてくれればいいのになと思いますね。

そして強いのがEOS Kiss Mシリーズです。十分に価格が安くなったEOS Kiss Mと、その後継機種のM2がそれぞれランクインしていて、EOS Kiss Mの人気の高さがわかります。特にKiss Mは発売から3年以上が経過し、ダブルズームキットでも8万円台で購入できるぐらいにまで値下がりしましたので、売れるのも理解できますね。

富士フィルムのX-A5は完全に価格によって売れているのだと思われます。X-A5のレンズキットが4万4000円で販売されていますので、うれるのも理解できる価格です。

フルサイズがランクインすることの意味

そして驚くのは、BCNランキングでα7 IIIが10位にランクインしていることです。ネットでは、ヨドバシカメラやマップカメラのランキングが公開されています。ですが、これらはカメラ専門店を抱えるショップで、どちらかというとハイアマチュアやプロフェッショナルの人々の購買がランキングに反映される傾向にあります。なので、フルサイズミラーレスやフラッグシップモデルなどが、ばんばんランキングに登場します。

しかし、BCNランキングは全国の小売店の販売数をランキングにしているため、より平均的というか一般的なランキングになっていると考えることができます。

カメラ専門店のランキングならばフルサイズミラーレスがランキングに入っているのは納得できます。ですが、一般のユーザを対象としたBCNランキングでα7 IIIが10位にランクインしているということには、ちょっと衝撃を受けました。それだけ、α7 IIIが市場で受け入れられていて、下手なAPS-Cミラーレスやマイクロフォーサーズよりも売れているということになるからです。

このランキングから考えると、少なくともオリンパス(OMデジタル)のE-PL10などよりも売れているというランキングになります。オリンパスがOMデジタルになって製品の将来性に不安を感じている人が購入を敬遠している可能性があるとはいえ、それでも廉価なマイクロフォーサーズよりも売れていることに驚きますね。

ニコンからはかろうじてNikon Z 50がランクインしています。Z 50は良いカメラだし、キットレンズも優秀なのでランクインするのも納得なのですが、逆にこれまでなぜあまり高いランキングを得られていなかったのか、そのあたりがよくわかりません。個性的なNikon Z fcも長期間ランクインする製品になるといいなと思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「21年上半期ミラーレス販売ランキング ソニーとキヤノン接戦 1位は??」への3件のフィードバック

  1. これマウント別のシェア率でいったらEマウントが圧倒的な気がしますね。
    キヤノンはKiss Mが売れててもEF-MマウントなのでRFとは別になり互換性もないのでKiss Mが売れてもRFへスムーズなステップアップは見込めない。
    そこをキヤノンはどう考えているのか聞きたいですね。
    ニコンはZ fcが売れてくれればキヤノンRFよりもシェア率を獲得できるかもしれませんね。
    ただ在庫不足を早く解決しないといけないですが。

  2. マップカメラは下取り交換を使わなければただの高い店なので、
    レフ機からミラーレスに買い替える層の受け皿になっているだけで
    シェアは大したことがないようです。

    他のランキングでは見られない2種類同順位も見かけるので
    母数が小さい偏ったランキングということでしょう。

    その点BCNは母数が大きいのでこのランキングの順位は重要ですね。

  3. α7Ⅲは、ファームウェアの最終アップデートでリアルタイムトラッキングさえ付けば、まだまだ十分戦えると思いますけどね(ハードウェア的にもう無理なのかな)。高機能の7Ⅳが出ても当面高いし品薄だろうから、併売する7Ⅲの価値も一層高められると思うけど。メーカーさんお願いします。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top