タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD 発売日と価格が決定

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDの発売日が決定

タムロンが50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDの発売日を決定したそうです。肝心の価格はいくらぐらいになるのでしょうか?

それでは記事をみてみます。

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用超望遠ズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」(以下Model A067)を2022年9月22日に発売します。なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性があります。

商品名

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)

発売日

2022年9月22日

*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、発売延期や供給が遅れる可能性があります。

希望小売価格

195,800円 (税込)

製品特長

1.ズーム比8倍 標準域50mmから超望遠域400mmを1本でカバー

Model A067はズーム比8倍の50mmから400mmまでをカバーする、画期的な超望遠ズームレンズです。広角端を標準域50mmという今までにない焦点距離にすることで、被写体のクローズアップだけでなく、背景を活かした画作りが可能です。この1本で、風景、野鳥、動物、スポーツから集合写真まで様々な撮影を楽しめます。

2.ズーム全域で妥協のない高画質を実現

レンズ構成は18群24枚。特殊硝材XLD (eXtra Low Dispersion)レンズ2枚と、LD (Low Dispersion : 異常低分散)レンズ3枚、GM (ガラスモールド非球面)レンズ1枚、さらに複合非球面レンズ1枚を贅沢かつ効果的に使用することで、軸上色収差をはじめとした諸収差を抑制。ズーム全域で高い解像力を実現しています。また、ゴースト・フレアの発生を抑え、逆光条件でも被写体のディテールを緻密に描き出すことができるBBAR-G2 (Broad-Band Anti-Reflection Generation 2) コーティングも採用。クリアでヌケの良い描写を叶えます。

3.高速・高精度AFを実現するリニアモーターフォーカス機構VXD

AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXDを採用。ハイレベルなAF速度と精度を兼ね備えており、最短撮影距離から無限遠までストレスのない快適なピント合わせが可能です。また、優れた動体へのフォーカス追従性能が、野鳥やスポーツ撮影などでも瞬間を逃すことなく捉えることを可能にします。さらに、静粛性が高く、静かな環境下での静止画撮影や動画撮影にも活用できます。

4.タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載

Model A067はコンパクトなサイズを維持しながら、タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載しています。優れた手ブレ補正効果により、手ブレによる像の不鮮明化を効率よく軽減します。また、AI (人工知能)テクノロジーを活用することで、焦点距離100mm以下では動画撮影に配慮した補正効果を得ることもできます。

5.高い利便性・操作性を実現

1) TAMRON Lens Utility用コネクターポート搭載
レンズに搭載したコンピューター通信用コネクターポートとコンピューターをTAMRON Connection Cable (別売)で接続し、専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」にて、各種機能のカスタマイズや最新のファームウェアのアップデートを行うことが可能です。静止画、動画など各種撮影スタイルに応じて機能をカスタマイズすることで、より充実した撮影を実現します。
※TAMRON Connection Cable (端子形状:USB Type-A to Type-C)

2) 専用ソフトウェアTAMRON Lens Utilityに「フォーカスリミッター機能」追加
Model A067ではAFのフォーカスレンジを制限できる「フォーカスリミッター機能」を追加しています。本機能を活用することで、被写体からピントが外れた際の、再合焦までの時間を短縮できます。また、被写体手前の障害物への合焦を防ぐ効果もあります。

3) ズームリング回転角度75°

4) 別売りアクセサリーの三脚座の使用が可能

6.長さ183.4mm、重さ1,155gのコンパクトな超望遠ズームレンズ

Model A067は50mmから400mmの焦点距離をカバーしながらも、100-400mmクラスと同等の小型・軽量サイズを達成しています。野鳥やスポーツ撮影でもフットワーク軽く、被写体を捉えることが可能です。

7.広角端で最大撮影倍率1:2のハーフマクロ撮影が可能

本機種は、広角端50mmで最短撮影距離0.25m、最大撮影倍率1:2のハーフマクロ撮影を楽しめる、超望遠ズームとして非常に高い近接撮影能力を実現しています。また望遠端400mmも最短撮影距離1.5m、最大撮影倍率1:4と迫力ある撮影が可能です。被写体へ思い通りに近づけることで、撮影表現と自由度を高めます。

8.質感、耐擦傷性を向上させた新デザイン採用

9.弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のフィルター径φ67mmを実現

10.撮影サポート機能(簡易防滴構造、防汚コート、ズームロックスイッチ など)

11.ソニー製カメラに搭載されている「ファストハイブリッドAF」「瞳AF」など各種カメラ機能に対応

発売は9月22日

タムロンが50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDの発売日を決定したそうです。発売日は9月22日で、希望小売価格は税込み19万5800円としています。対応マウントはソニーEマウントで、フルサイズセンサー対応としています。

性能をみるとかなり凄いレンズで、フルサイズ対応であれながら50-400mmをカバーするズーム倍率8倍の超高倍率ズームながら、ハーフマクロの機能まで搭載していて、広角端の最短撮影距離が0.25mとテーブルフォトも可能なレンズとなっています。これ1本で標準から超望遠までをカバーできるので便利に利用できそうです。

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDのMFT曲線

問題は画質ですが、確かに単焦点レンズのような性能は無理だと思いますが、そもそもそのような目的で購入するレンズでないですし、作例をみると利便性重視の高倍率ズームとして考えれば十分なようにも思えます。

実際のはどのような画質なのでしょうね。今後のレビュー記事に期待です。

タムロンレンズの最新情報

[catlist template=”default” thumbnail=yes currenttags=all]

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

TAMRON 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD
twitterで最新情報をチェックしよう!