タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD発表 フルサイズ対応

タムロン 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDを正式発表

タムロンが50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDを正式発表しました。早速プレスリリースをみてみます。

商品名 50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067) ソニー Eマウント(35mmフルサイズ対応)
発売日 2022年秋発売予定※1)
希望小売価格 未定

1.ズーム比8倍 標準域50mmから超望遠400mmを1本でカバー
2.ズーム全域で妥協のない高画質を実現
3.高速・高精度AFを実現するリニアモーターフォーカス機構VXD
4.タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載
5.高い利便性・操作性を実現
6.長さ183.4mm、重さ1,155gのコンパクトな超望遠ズームレンズ
7.広角端で最大撮影倍率1:2のハーフマクロ撮影が可能
8.質感、耐擦傷性を向上させた新デザイン採用
9.弊社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のフィルター径φ67mmを実現
10.撮影サポート機能(簡易防滴構造、防汚コート、ズームロックスイッチ など)
11.各種カメラ機能対応

タムロンWebサイト

タムロンが、50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDを正式発表しました。発売は2022年秋で価格は未定だとしています。どの程度の価格になるのか楽しみですね。マウントはEマウントのみで、フルサイズセンサーに対応し、手ぶれ補正も搭載しています。

また、発表にあわせて、50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDの特設サイトを開設していますので、より詳しい情報を知りたい人は、このサイトをみてみるといいと思いますね

50mmスタートのレンズなので標準レンズとしても利用でき、さらにハーフマクロの機能もあるのでかなり近くまで寄れるレンズになっているようです。スポーツ撮影などで望遠域を主に使いつつ、より広角で撮影したいというときにはレンズを交換せず、標準~超望遠まで利用できて便利そうです。

50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXDの特徴や仕様

MTF曲線

ズーム時の全長比較

タムロンレンズについての情報

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!