キヤノン EOS R7/R10正式発表 レンズはEF-Mのコピー?? これまでの噂を検証

EOS R7

キヤノン EOS R7/EOS R10 APS-Cレンズ2本正式発表

キヤノンがEOS R7、EOS R10とAPS-Cレンズ2本を正式発表しました。具体的な仕様は以下の商品ページからご覧ください。

EOS R7製品ページ
EOS R10製品ページ
RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM製品ページ
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM

製品仕様については、キヤノンのWebサイトや、他のカメラ関連サイトが詳しく取り上げていると思いますので、当サイトでは簡単に紹介するにとどめることにします。まず主な仕様や、価格、発売時期は以下の通りです。

■ EOS R7
・発売日 6月下旬
・価格 キヤノンオンラインショップでボディ単体が税込み19万7780円
・価格 18-150mmレンズキットが同24万6180円
・3250万画素
・7kオーバーサンプリングからの4k UHD動画
・メカシャッター時 AF/AE追従で最高15コマ/秒
・電子シャッター時 AF/AE追従で最高30コマ/秒(ローリングシャッター歪みあり)

■ EOS R10
・発売日 7月下旬
・価格 キヤノンオンラインショップでボディ単体が税込み12万8480円
・価格 18-45mmレンズキットが同14万3880円
・価格 18-150mmレンズキットが同17万6880円
・2420万画素
・メカシャッター時 AF/AE追従で最高15コマ/秒
・電子シャッター時 最高23コマ/秒

■ RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
・発売日 6月下旬
・価格 キヤノンオンラインショップで税込み4万2500円
・手ぶれ補正 レンズ単体で4.0段分
・コントロールリング、ズームリング

■ RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM
・発売日 6月下旬
・価格 キャノンオンラインショップで税込み6万8500円
・手ぶれ補正 レンズ単体で4.5段分
・コントロールリング、ズームリング

両機種ともミドルクラスモデル扱い??

モデルの取り扱い

キヤノンのカメラ一覧ページをみてみると、どちらもミドルクラス扱いになっていることがわかります。これは、EOS RP、EOS 6D Mark II、EOS 90Dと同じ扱いです。EOS 7D Mark IIはAPS-Cフラッグシップモデルと明記されていましたし、仮にいまの一覧に入るとしたら、恐らくハイアマチュアモデルかプロフェッショナルモデルになると思うのですが、ミドルクラス扱いと考えるとEOS 7Dクラスのカメラではなく、やや格下のカメラになるのかもしれません。

ただし、キヤノンのEOS R7の特設サイトでは、機能比較としてEOS 7D Mark IIとの機能比較一覧表みたいなものもありますので、キヤノンとしてはEOS R7の後継がEOS R7という位置づけになっている可能性もありそうです。

EOS R10はEOS M6 Mark IIの後継?

EOS R10はEOS M6 Mark IIの後継機種のようなカメラになるのではないか?と言われていましたが、このあたりなかなか判断が難しそうです。

例えば、M6 Mark IIは画素数が3250万画素なのに対し、EOS R10は2420万画素です。そしてM6 Mark IIは連続撮影速度が最高14コマ/秒なのに対し、EOS R10は23コマ/秒とかなり向上していることになります。AFも進化していて、M6 Mark IIはデュアルピクセルCMOS AFですが、EOS R10はデュアルピクセルCMOS AF IIが搭載されています。なので、画素数は少なくなっていますが、その他でかなり進化しているようにも見えます。

価格的にはEOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STM レンズキットは初値で約15万円で、EOS R10の18-150mmレンズキットの17万6800円よりも安いのですが、これはキヤノンのオンラインショップの価格で、小売店ではEOS M6 Mark IIの初値とたぶん同じぐらいの価格になりそうです。なので、EOS M6 Mark IIよりは性能的にはかなり向上しているように見えますし、ほぼ同じクラスのカメラと考えてもいいのかなと思います。

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMはEF-Mの焼き直し?

以前、RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMはEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMの焼き直しになるのではないか?という噂もありました。なので、レンズ構成図から、同じレンズなのかどうかを調べてみたいと思います。

■ RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM のレンズ構成図

キヤノンWebサイト

■ EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM のレンズ構成図

キヤノンWebサイト

さて、両方のレンズを並べてみました。どうですか?形的にはまるっきり同じであることがわかります。引用していませんが、MTF曲線もほぼ同じになっています。ただ、RFレンズは前から2枚目のレンズにUDレンズが使用されていて、EFレンズのほうは単に非球面レンズとして記述されている違いがあることがわかります。

そのためレンズの仕様に関して、各仕様はほとんど同じなのですが、最短撮影距離と最大撮影距離だけ違いがあります。

■RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM

最短撮影距離 AF時:0.17m(18mm時)、MF時:0.12m(150mm時)
最大撮影倍率 AF時:0.44倍(50mm時)、MF時:0.59倍(35mm時)

■EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

最短撮影距離 0.25m(18~50mm時)、0.45m(150mm時)
最大撮影倍率※ 0.31倍(150mm時)

このようにですが若干の違いがあります。それ以外はほぼ同じなので、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMの光学設計のまま若干の焼き直しをした製品ということになるのでしょうか?

クロップファクターは?

APS-Cセンサーのカメラなわけですが、クロップファクター1.5倍のAPS-Cか、1.6倍のクロップファクターになるのか、気になった人も多いと思います。が、結局は両方とも以前のAPS-C一眼レフとセンサーサイズが同じなので、クロップファクターは結局1.6倍のまま維持されることになりました。

・EOS 90D 約22.3×14.8mm
・EOS R7 約22.3×14.8mm

このように変化ありません。


というわけでいろいろ見てきましたが、いよいよキヤノンもRFマウントのAPS-Cカメラを発売したという印象ですね。

個人的には廉価な製品はEF-Mで、ハイアマチュアクラス以上はRFマウントに集約されると思うのですが、どうでしょうか。ひょっとしたら、キヤノンのことですから、いっかいぐらい廉価なRFマウントAPS-Cミラーレスを発売して、もし売れるようならEF-Mも終了させるなんてことも考えている可能性もあるのかなと思っています。今後のキヤノンの戦略が楽しみですね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog