キヤノン EOS R7、R10の製品画像と仕様が流出か??

キヤノンEOS R7とEOS R10の画像が流出

■ EOS R7
・3250万画素APS-Cセンサー
・ボディ内5軸手ブレ補正
・236万ドットEVF
・162万ドットバリアングル液晶
・DIGIC X
・4K60p動画、フルHD120p動画
・LP-E6NHバッテリー
・デュアルSDカードスロット
・サイズ:132.0 x 90.4 x 91.7mm
・重さ:612g(バッテリーとメモリーカード含む)

■ EOS R10
・2420万画素APS-Cセンサー
・236万ドットEVF
・104万ドット液晶
・DIGIC X
・4K60p動画、フルHD120p動画
・LP-E17バッテリー
・シングルSDカードスロット
・サイズ:122.5 x 87.8 x 83.4mm
・重さ:429g(バッテリーとメモリーカード含む)

EOS R7とEOS R10の仕様と製品画像が流出しているようです。これらはとある掲示板で明らかになったものですが、EOS R7とEOS R10の製品画像と、それぞれの仕様が公開されています。ただし、これらはなんらかの裏付けがある情報ではないので注意する必要がありますね。

流出した画像からはキヤノンのRFマウントの大きなマウントと、それに対してかなり小さなセンサーが搭載されている内容がわかり、APS-Cセンサーを搭載しているミラーレスカメラであるらしいことがわかります。EOS R7とEOS R10はどちらもAPS-Cセンサーのカメラである様子がわかりますね。

仕様的にはEOS R7のほうが画素数が多く、ボディ内手ぶれ補正があり、デュアルカードスロットを採用し、ハイアマチュア以上を対象としたカメラであることがうかがえます。

それに対して、EOS R10は画素数は低めで、メモリカードはシングルカードスロット、そして仕様にボディ内手ぶれ補正の有無が明記されていないことから、ボディ内手ぶれ補正がないことがうかがえます。

このことから、EOS R7はEOS 7Dの後継機種、いわゆるフラッグシップモデルになると考えられ、EOS R10はAPS-Cのミドルクラスのカメラになる可能性が高いようです。他社のモデルというと、EOS R10はソニーのα6600や、ニコンのNikon Z fcに該当するカメラになるのだろうと思いますね。

ただ、EOS R7のようなAPS-Cフラッグシップと言えるようなミラーレスカメラのモデルはニコン、ソニーからは発売されていないので、そこにキヤノンの本気度を感じるのかなという印象です。

発表は5月24日と言われています。しかしどの国の5月24日かはわからず、日本は時差が速いので正式な発表は日本時間では25日になる可能性もあります。

そしてもし実際に発表されるとしたらの話になりますが、キヤノンもいよいよEF-Mに見切りを付けるのか、それともEOS Kiss Mは残すのか?といったことも非常に気になりますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog