2/16 カメラニュースダイジェスト Nikon Z 9入荷予定遅れる他

本日のカメラニュースダイジェスト

Nikon Z 9の納期さらに伸びる

当サイトの調査でNikon Z 9の納期がさらに延びたことが明らかになりました。こちらは詳細な記事としていますので、以下をご覧ください。

インテルがタワーセミコンダクターを買収

イメージセンサーなどの製造を手がけているタワーセミコンダクターをインテルが買収したという報道がありました。この記事も別記事にしていますので詳細はこちらの記事をご覧ください。

富士フィルムが新ファームを公開

富士フイルムがmacOSでメモリカードを読み込んだときに画像が消失する問題を修正する新ファームを公開しています。こちらも別途、詳細に記事にしていますので、こちらをご覧ください。

TSMCの熊本工場にデンソーも出資

 世界的半導体メーカー、台湾積体電路製造(TSMC)とソニーグループが熊本県につくる工場の運営会社について、自動車部品大手のデンソーは15日、約400億円を出資すると発表した。運営会社の株式の1割ほどを握り、自動車の自動運転システムなどに使う半導体を安定調達することを狙う。

朝日新聞より

半導体を製造するTSMCとソニーの合弁会社に、デンソーも出資することがあきらかになりました。デンソーといえば車関係の部品を製造するメーカですが、今回の半導体不足をきっかけに日本国内で安定的に半導体を供給できるような体制が必要だと考えているのだと思いますね。今回の半導体不足や新型コロナウィルスの影響で、友好国、自由主義国以外に様々な製品の供給を頼ってしまうと様々な問題がでることが露呈してしまいました。各国で、社会主義や独裁国家に工業製品や食料を頼るといった状況が見直されていくと思います。

SIRUIアナモルフィックレンズ 50mm T2.9 1.6Xを発売へ

常盤写真用品株式会社は、SIRUIのアナモルフィックレンズ「50mm T2.9 1.6X」を4月1日に発売する。対応マウントはキヤノンRF、ソニーE、ニコンZ、ライカLの4種類。価格はいずれも税込22万円。

ImpressWatchより

ニコンダイレクト 20周年記念キャンペーン第9弾開始

ニコンダイレクトが20周年キャンペーンの第9弾を開始しました。キャンペーン内容は以下のようになっています。

・2000円以上で送料無料(税込み、代引き手数料除く、ニコンイメージング会員など条件あり)
・D5600 18-140VRレンズ 3年安心サポート<スペシャル>付き 7万5800円(税込み)
・双眼鏡 トラベライトVI 8×25 CF期間限定特典

ニコンダイレクトより

今日のニュースの見どころ

今日のニュースの見どころは、やはりNikon Z 9の納期問題ですが、まさか本当に1年も待たされる状況になるとは思っていませんでした。ニコンとしては嬉しい誤算というところだと思いますが、納期が1年も待たされるというのはユーザにとっては厳しいと思いますし、販売機会損失はかなり大きいと思いますね。

そして、地味に見どころなのは、D5600の販売で、18-140mmという高倍率ズームがついてD5600が7万5800円というのは、かなりお買い得なんじゃないかなと思います。ミラーレスでなくてよくて、便利ズームが欲しかった人にとってはかなりお買い得ではないかなと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「2/16 カメラニュースダイジェスト Nikon Z 9入荷予定遅れる他」への1件のフィードバック

  1. D5600、かなりお買い得ですね。。。。。でもちょっとファインダー倍率が低いんですよね。。。。しかし本当にバーゲンプライスですが、これでもダイレクト販売ならば儲かるということなんでしょうか(バーゲンでしょうが)。PENTAXがダイレクト販売に移行するというのは、やはりかなり合理的なんでしょう? 

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top