Nikon Z fc価格調査 供給不足で値上げ局面に

Nikon Z fcの価格動向調査

価格.com

Nikon Z fc 16-50 VR SLレンズキットの価格を調査してみました。記事執筆時点でのNikon Z fc 16-50 VR SLレンズキットの最安値は13万4640円です。初値も13万4640円でしたので、価格はまったく値下がりしていないことを意味しています。厳密には値下がりしていたのですが、ここのところ価格が上昇して、発売日の価格に戻ってしまいました。

グラフをみると、青色のグラフ、平均価格はじわじわと上昇していることがわかります。これはNikon Z fcの供給が不足していて、安い価格を設定しているショップから売り切れになり、その結果、平均価格が上昇していると考えられそうです。

ただ、これはNikon Z fc 16-50 VR SLレンズキットの話で、28mm f/2.8 Special Editionキット(いわゆる単焦点レンズキット)のほうは平均価格は値上がりしていません。

個人的には、Nikon Z fcのようなレトロスタイルのカメラであれば、単焦点レンズキットのほうが人気があるのではないのかなと思っていたのですが、やっぱり画角を変更できるズームレンズのほうが人気になっているようですね。そのためNikon Z fc 16-50 VR SLレンズキットは供給が足りず、価格が上昇している局面にはいってしまっているようです。

全国チェーン店系のショップの在庫が少ない

Nikon Z fc 16-50 VR SLレンズキットを販売しているショップをみると、皆さんが知っているような全国チェーン店系のショップで販売しているショップはほとんどありません。ヤマダ、エディオン、コジマ、ビックカメラ、ジョーシンなどでは在庫なしの状況になっていて、唯一販売しているのはヨドバシカメラだけです。

販売しているショップが少ないのは、供給が不足しているからで、その原因としては半導体不足やサプライチェーンの混乱、物流の混乱など様々な理由があると思いますが、工場の稼働率はかなり低下しているのではないかと思います。

せっかく人気がでているカメラなのに安定的に製品を供給できないというのは非常にもったいないなと思いますね。Nikon Z fcの購入者の人には、初めてカメラを購入するという人も多いでしょうから、ニコンにとって将来的に大きなプラスになると思うのですが、製品がなければ購入して欲しくても売ることができません。

ただ半導体不足などはしばらく回復する見込みはないようですので、カメラメーカにとっては厳しい状況が続きそうです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!