Nikon Z fc単焦点レンズキットの在庫が復活傾向も標準ズームほぼ全滅

Nikon Z fcの価格調査と在庫状況

価格.com

Nikon Z fc 28mm f/2.8 Special Editionキット(以下、単焦点レンズキット)の価格調査です。Nikon Z fcの単焦点レンズキットは、記事執筆時点で14万1800円となっています。初値が14万0530円でしたので、ほとんど値下がりしていない状況ですね。

そして販売しているショップも多くはないのですが、以前よりもかなり在庫が復活してきている印象です。現在の販売ショップ数は32ショップ中22ショップで、購入するショップを選ばなければいまでは簡単に購入できるようになったと言えると思います。

特に地方や特定地域の有名カメラショップには在庫が豊富にあるようで、お住まいの地域にこれらの地元の有力カメラショップがある場合には、訪ねてみるといいかもしれません。また、これまで在庫がなかったような全国チェーン系の販売店でも、在庫が復活してきているようです。今回の調査では、ヨドバシ.comに製品在庫があり購入可能となっています。

少しずつですが、単焦点レンズキットに関しては初期需要が満たされて、買いやすくなっているという印象です。

在庫がまったくない標準ズームキット

これに対して、まったく在庫がないのがNikon Z fc 16-50 VR SLレンズキット(以下、標準ズームキット)です。現在、販売しているショップは24ショップ中1ショップのみで、他のショップはすべて問い合わせ(事実上の入荷待ち)状態になっています。

この状況はかなり長く続いていて、理由はよくわかりませんが標準ズームキットはしばらく入荷がなく、まったく入手できることができない状況になっています。

これは想像ですが、恐らく単焦点レンズキットのほうがかなりの発売前予約があり、発売日を遅らせた影響で、しばらくは単焦点レンズキットの生産に注力してしまったため、今度は標準ズームレンズキットの生産がおいつかず、キットによって需給がアンバランスな状態になってしまったのではないかと思います。

そして、これも想像になりますが、そもそもNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRの生産に何かしらの問題が発生している可能性もありそうです。というのも、価格.comによれば、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRも供給がかなり限られているようで、製品を販売しているショップがかなり少ないです。

何かしらの部品が入荷できないのか、それとも生産リソースが限られていて生産ができないのかわかりませんが、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRを製造できないので、その結果、標準ズームキットが生産できないという状況になっているとも考えられそうです。

最近は、様々な部品の供給不足が問題になっていますので、どうしてもこういうことがでてくるのかもしれません。しかし、単焦点レンズキットが購入しやすい状況になっているのは朗報だと思います。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!