キヤノン RF16mm F2.8レビュー “開放から解像感、コントラストが高い”

RF16mm F2.8 STM

RF16mm F2.8 STMレビュー

注目の写りは、いい意味で期待を裏切ってくれます。絞り開放から解像感、コントラストは高く、今風の写りが楽しめます。古いレンズのようにぼやぼやで緩い描写を期待すると、ある意味すごくがっかりしてしまうはず。光学特性の出やすい絞り開放での画面周辺部の描写も、クラスを考えれば隙を感じさせないもので、満足度の高い結果です。

色のにじみや周辺減光なども、前述の「レンズ光学補正」内にある「周辺光量補正」や「デジタルレンズオプティマイザ」のおかげで気になることはありませんし、反対に不自然に感じることもありません。

マイナビニュース

RF16mm F2.8 STMのレビュー記事が掲載されています。レビューには詳細な記述がありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、RF16mm F2.8 STMは徹底的なコストダウンによって、入手しやすい価格に設定されており、デジタル補正などを利用してかなり高画質を実現しているとしています。開放絞りから解像度、コントラストが高く、広角レンズで気になりがちな歪みも気にならないレベルだとしています。

というわけでレビュー全般ではかなり評価が高いレンズになっているようです。ミラーレスになってフランジバックがかなり短くなりましたので、特に広角レンズの設計の自由度が増し、よりよいレンズを作ることができるのではないかと言われていましたが、実際に50mm付近までのレンズで、廉価で高性能なレンズが多く作られているという印象が強いです。ミラーレスの恩恵を受けているのだろうと思います。

最近の廉価レンズの傾向

これまでの一眼レフの標準域までの単焦点レンズは、開放絞り値がf/1.8までというのが一般的でした。しかし、最近では開放絞りをf/2.8までに抑え、代わりに廉価なレンズとして発売しているケースが多くなっています。

開放絞りがf/2.8だとf/1.8のレンズと比較すると少し暗いレンズとなってしまうわけですが、そもそも一眼レフ時代のレンズは少し絞って撮影することが前提となっていたような状況だったので、開放絞りがf/2.8でも開放から高解像度ということであれば、ボケの問題を考えなければ、ほぼ問題なく利用できるということも言えるのかもしれません。

また焦点距離についても、APS-Cとフルサイズの両方で利用しても違和感がないような焦点距離、例えば28mmや40mmといった焦点距離の廉価な単焦点レンズが発売されています。

RF16mm F2.8 STMについても、APS-Cミラーレス用のレンズとして24mm f/2.8として利用できることを考えると、価格も廉価ですし同様の傾向のレンズと言えるのかもしれません。あとはキヤノンがRFマウントのAPS-Cミラーレスカメラを発売するかどうか?ということになると思います。

最近は様々なデジタル補正も可能になっているので、補正前提であれば廉価で高性能なレンズも多くなっていますよね。なので、APS-Cとフルサイズの両方で利用可能な廉価なレンズを発売して、できるだけラインナップを増やすという考え方になっているのかなと思います。

[template id=”4241″]
RF16mm F2.8 STM
最新情報をチェックしよう!