キヤノン 18mm f/2.8、20mm f/2.8レンズの特許

キヤノン広角レンズの特許

焦点距離 18.20
Fナンバー 2.90
半画角 45.00
像高 18.20
レンズ全長 63.45
BF 12.94

焦点距離 14.28
Fナンバー 2.91
半画角 51.88
像高 18.20
レンズ全長 57.50
BF 10.97

焦点距離 20.10
Fナンバー 2.91
半画角 42.16
像高 18.20
レンズ全長 63.55
BF 14.51

IPForce

キヤノンが広角レンズの特許を出願していることが明らかになりました。特許では複数の実施例があるのですが、仕様的に近い実施例の重複を削除して引用しています。

この特許をみると、概ね18mm f/2.8、14mm f/2.8、20mm f/2.8というレンズの特許なのではないかと思いますね。そして、バックフォーカスが短いのでミラーレス用か、ビデオカメラ用のレンズらしいことがわかります。

気になるのは像高で、通常、フルサイズですと21mm前後、APS-Cですと14mm前後なので、どちらにしても中途半端です。まあイメージサークル以外の部分がばっさりとまったく光が当たらないということはないので、これはフルサイズ用なのかもしれません。

RF16mm F2.8 STMの特許か?

すでに発売されているレンズの特許かと思って、現在の製品をみてみたのですが、非常に近いレンズ構成のレンズがあることがわかりました。それが、RF16mm F2.8 STMです。引用してみます。

キヤノンWebサイト

これと特許のレンズ構成図を比較するとかなり近いレンズ構成図になっていることがわかります。

見た目はそっくりです。そのため、これはRF16mm F2.8の特許の可能性が高いのかなと思います。小型パンケーキで廉価な製品ですので、像高も小さくなっていてデジタル補正でなんとか修正しているというようなことなのかもしれません。

もしレンズに詳しい人がいたら、教えていただけると嬉しいです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R7
最新情報をチェックしよう!