キヤノン 東京五輪でのカメラ利用シェア1位を獲得と主張

キヤノン 東京五輪でのシェア1位

キヤノンは、東京2020オリンピックで使用されるプレスカメラのトップシェアを主張し、デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラ、およびプレス写真家を支援したリモート画像キャプチャ技術を強調しています

キヤノンは、プロのフラッグシップカメラであるEOS-1D X Mark IIIなどの製品に加え、信頼性と使いやすさの高さから多くの写真家に使用され、8回の大会でオンサイトサポートを提供しました。東京2020大会の1つ。キヤノンは、このイベントでプロの報道写真家が使用したカメラのトップシェア、約55%2を達成しました。

EOS-1D X Mark IIIと並んで、キヤノンのEOSR5およびEOSR6ミラーレスカメラが広く使用されました。さらに、開発中のEOS R3のテストユニットは、プロや愛好家のユーザーのニーズを満たすように設計された高性能と高信頼性を備えており、限られた数のプロの写真家によって使用され、カメラを高く評価しました。

キヤノングローバル

白、黒、パンダ戦争

以前から各種の大きなスポーツイベントでは、どのメーカのカメラが多く使われているかということが話題になっています。キヤノンの望遠レンズは白く、ニコンは黒いので白黒戦争といった言葉もよく使われています。最近は、白と黒のまだら模様の望遠レンズをソニーが投入しているので、白黒に加え、白黒のパンダと比喩されて白黒パンダ戦争などとも一部で呼ばれています。

これまでプロフェッショナルモデルはニコンとキヤノンのどちらかしか選択の余地がないという状況でしたが、ソニーのα1やOMデジタルのE-M1Xなどが投入されていて、どのような状況になるのか興味深い状況でした。

キヤノンが先日の東京五輪で使われたカメラにおいて、シェアNo1を獲得したとしています。上記はキヤノンの英語のグローバルサイトを機械翻訳したものです。日本のサイトにはまだ上記の記事は掲載されていないようです。社員の人が出勤する本日の10時頃か、または月曜日に更新されると思います。

リリースによれば、EOS-1D  X Mark III、EOS R5、EOS R6が利用され、東京五輪での利用シェアが約55%になったとしています。ただし、これはキヤノンの独自の調査です。残りがソニーやニコン、そしてOMデジタルなどだと思いますが、ソニーとニコンのシェアがどの程度になっているのか気になりますね。プロフェッショナルの世界ではソニーはニコンよりシェアが高いのでしょうか?それともまだまだニコンが優勢なのでしょうか。

[template id=”4241″]
EOS R3
twitterで最新情報をチェックしよう!