Nikon Z 6IIの価格調査 供給不足?で販売店減少 価格も上昇傾向に

 

Nikon Z 6IIの価格調査

Nikon Z 6IIの価格調査です。価格は価格.comで調査しています。

価格.com

価格.comに調べによれば、現在のNikon Z 6IIボディの価格は最安値が24万1560円、平均価格が25万4316円となっています。Z 6IIボディの初値は24万1556円でしたので、ほぼ発売当初の価格に戻ってしまいました。

グラフをみるとわかるのですが、2月から次第に価格が下落し始めたのですが、ここ最近になりいきなり価格が上昇し、2月からの下落分が帳消しになったような値動きになっています。また、平均価格もじわじわ下がっていたものが、急激に上昇に転じている様子がわかりますね。

販売店が減少 市中在庫が無くなっている?

価格.comで販売店を調べてみると、現在販売しているショップは30ショップあります。しかし、そのうちの11ショップが「問い合わせ」状態にあり、事実上の在庫なしということになっています。なので実際に販売しているショップは19ショップしかありません。

有名どころで販売していないショップも多く、ケーズデンキ、イートレンド、ビックカメラ、コジマ、エディオン、ヤマダなどで在庫なしとなっています。

当サイトではなんども解説していますが、カメラの価格で、価格.comの有名量販店で最も安い価格を付けているのは、カメラのキタムラであることが多いです。今回も最安値で販売しているのはカメラのキタムラです。カメラのキタムラより安い価格で販売しているショップの多くは、価格勝負の激安系のショップになります。カメラのキタムラの価格が最も安い(=順位が1位)ということは、激安系のショップはまったくNikon Z 6IIボディを販売していないということになるわけですが、これはたぶんZ 6IIボディの市中在庫が少なくなっていて、激安系のショップにまで商品が出回っていないからだと考えられます。

在庫が少なくなっている原因はよくわかりません。新型コロナウィルスの影響や、世界的な半導体不足が原因になっている可能性もあります。特にNikon 1では顕著だったのですが、数ヶ月おきに日本国内での在庫が少なくなり価格が上昇、そしてしばらくすると製品が潤沢に供給され価格が下がり始めるというサイクルをNikon 1製品で繰り返していたことがあり、同じような状況になっている可能性があります。

またNikon Z 6II 24-70レンズキット(以下、標準ズームキット)も販売しているショップが減少傾向になっています。現在、36ショップ中、在庫なしになっているショップが12ショップあり、販売しているショップは14ショップに過ぎません。

標準ズームキットの最安値は値下がりしている傾向なのですが、これは標準ズームキットはまだ激安系のショップが販売していて、激安系ショップ同士で値下げ合戦をしているからで、平均価格をみると上昇傾向にあることがわかります。

なので、標準ズームキットについては、たぶんZ 6IIボディのように激安系ショップが販売を取りやめると大幅に値上がりする可能性が高いと思いますね。

どうして在庫が少なくなっているのですかね?何らかの影響があるのでしょうか。少し心配です。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「Nikon Z 6IIの価格調査 供給不足?で販売店減少 価格も上昇傾向に」への1件のフィードバック

  1. 在庫調整がうまくいっていてメーカーには良いのではないでしょうか。海外では慢性的に欠品していて不満が多いようですが。Nikon rumorsではZ6iiが入荷と出てますね

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top