いまミラーレスは何が売れている?? α7 IIIがAPS-Cなみに売れている

1位 α6400 ダブルズームレンズキット ブラック
2位 α6400 ダブルズームレンズキット シルバー
3位 EOS Kiss M ダブルズームキット ホワイト
4位 OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット シルバー
5位 EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック
6位 Z 50 ダブルズームキット
7位 α6100 ダブルズームレンズキット ブラック
8位 EOS Kiss M2 ダブルズームキット ホワイト
8位 OLYMPUS PEN E-PL9 EZ ダブルズームキット ホワイト
10位 α7 III ズームレンズキット
10位 α6400 パワーズームレンズキット ブラック

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/3d7901b291047264b84e0a1cfe9b01d5184e7c80

ミラーレスランキングが公開

BCNがミラーレスカメラの実売台数ランキングを公開しています。集計期間は1月18日~24日の1週間となっています。

ランキングをみるとソニー製品がよく売れているのがわかりますね。α6400がカラバリ違いやキット違いで3製品ランクインしています。さらに廉価なα6100も7位にランクインし、そしてなんとフルサイズミラーレスのα7 IIIが10位にランクインしています。

そして、これまで1位をずっとキープしていたE-M10 Mark IIIが4位になってしまっています。なぜα6400が上位にランクインしたのかは不明ですが、何が追い風になったのでしょうか?

そしてニコン製品では、決して価格が安くないZ 50が6位に入っているのはニコンとしては朗報だと思いますね。Z 50はキットレンズが優秀なので、キットレンズを使い続けるならば良い選択肢になると思います。

α7 IIIが10位ランクインの衝撃

ランキングで気になるのは、α6400が上位にランクインしていることもそうなのですが、EOS Kiss Mも1位を獲得できなかったことです。たぶん、Kiss Mに関してはKiss M2と需要が分かれてしまった可能性が高いと思われますね。M2が発売されていなかったら、α6400よりもランキング上位になっていた可能性が高いと思います。

そして驚きなのはα7IIIが10位にランクインしていることです。これが、ヨドバシカメラなどのカメラ専門店だったらフルサイズミラーレスが上位にランクインすることも理解できるところです。ですが、BCNランキングは一般的な小売店のデータを集計したものになっているので、より一般的なランキングに近いものとなっている可能性が高いと考えられます。

ということは、α7 IIIはオリンパスのPEN E-PL9のダブルズームやα6400の標準ズームキットと同じぐらいの台数が売れているということになります。ということは、やはりフルサイズミラーレスを購入しようとしている人の多くは、ソニーのα7 IIIを購入していることになり、APS-Cミラーレスほどの数が売れているというのは衝撃的なことだと思いますね。

全体的にみるとソニーはAPS-Cも売れていますし、フルサイズも売れているということで、圧倒的な立場にいるということが言えそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「いまミラーレスは何が売れている?? α7 IIIがAPS-Cなみに売れている」への1件のフィードバック

  1. 各メーカーは利益の多い高価格帯に力を入れていますが市場は普及価格の
    製品がよく売れていますね。
    今後もこの傾向は変わらないでしょうからニコンはもう少し力を入れた方が
    良いのかなと思います。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top