富士フイルム GFX100Sが想定を超える予約で供給不足に

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100S」お届け遅延のお知らせ

お客さま各位

平素は富士フイルム製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。
2月下旬発売予定のミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100S」は、想定を超えるご予約をいただき、準備数量を上回る状況となっております。
そのため、ご注文いただいた製品をお届けするまでにお時間をいただく場合がございます。

できる限りご予約の数量にお応えすべく鋭意努力しておりますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

GFX100Sが供給に

富士フイルム イメージングシステムズがGFX100Sの供給を告知しています。

プレスリリースによれば、先日発表されたGFX100Sが想定を超える予約を受け、製品を提供するのに時間がかかる場合があるとしています。たぶん、今から予約をしようとする人は、発売日当日には入手できない可能性が高そうです。

GFX100SはGFX100と同じく中判サイズで約1億画素のセンサーを搭載する機種です。GFX100が縦グリップつきで、発売当初の価格が約120万円だったのに対し、こちらは縦グリップなしの小型サイズで税込み約80万円という価格で、かなりコスパが高くみえるカメラになっています。

そのため、これまで欲しかったけど、ちょっと価格的に躊躇してしまうという人にも手が出せる価格になっていますね。想定を超える予約が入るのも理解できます。

(記事元)http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0119.html

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「富士フイルム GFX100Sが想定を超える予約で供給不足に」への1件のフィードバック

  1. 寝返った男

    フジにとっては良い話しですね。
    延岡の工場火災の影響もあるのでしょうか?

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top