新年 ヨドバシカメラで売れた製品は何か?? EOS R51位、ソニー絶好調

第1位 キヤノン EOS R5 ボディ
第2位 ソニー α7C ズームレンズキット
第3位 ソニー α7S III ボディ
第4位 ソニー α7 III ボディ
第5位 ソニー α7 III レンズキット
第6位 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット
第7位 キヤノン EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
第8位 ソニー α7C
第9位 ニコン Z 50 ダブルズームキット
第10位 ニコン D5600 ダブルズームキット

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/79b1724a347d962aea2517ace5b07ce9ca40f4e8

ヨドバシカメラ売れ筋ランキング公開

CAPA CAMERA WEBがヨドバシカメラの2021年1月上期のランキングを公開しています。ランキングに関する考察などもありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、今回のランキングではEOS R5が1位となってようです。EOS R5は供給が潤沢でなかったため、これまで1位になることが少なかったのですが、ここにきて供給が潤沢になったのか、各種のランキングでも上位にランクインすることが多くなっています。それだけ底堅い需要があるということだと思いますね。同様にEOS R6も7位にランクインしていて、こちらも比較的好調だと言えそうです。

ただ、それでもソニーの絶好調ぶりは相変わらずですね。2位から6位までと8位の6機種がランクインしています。しかも、ベーシックなα7 III、動画撮影にも特化したα7S III、コンパクトなα7C、APS-Cのα6400と様々なジャンルのカメラがランクインしていて、より多くのユーザを獲得していると考えられます。

下位に低迷するニコン

心配になるのはニコンです。ニコンはNikon Z 6IIやZ 7IIが発売された直後ということですので、せめて10位以内にランクインしていてもおかしくない状況なのにも関わらず、ランクインしていません。特にZ 6IIは販売期間の長いα7 III以上にランクインしておきたいのではないかなと思います。

唯一ランクインしているのはAPS-CミラーレスのZ 50で、こちらはそれなりに売れていることがわかります。また10位にはD5600のダブルズームキットがランクインしていますが、こちらは十分に価格が値下がりしているので、売れるのもわかるという感じになっています。ただ、価格を下げれば売れるのですが、それでは利益が少ないですし、できるだけ高い価格で売りたいところですね。

ニコンは廉価機種については、今後は販売しない可能性も取り沙汰されています。D5600も旧製品入りしているのに新製品の噂もまったくないので、後継製品がどうなるのか心配になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「新年 ヨドバシカメラで売れた製品は何か?? EOS R51位、ソニー絶好調」への4件のフィードバック

  1. マイニング

    センサーは旧型から据え置きで、AF性能や連写の劣るZシリーズがすぐに売れなくなるのは仕方がないと思います。
    市場のニーズを無視した販売戦略で数を追うのは無理です。
    そのことはニコン自身もよくわかっていることでしょう。

  2. 寝返った男

    売れ筋ランキングは何処を信頼して良いのか【既にR6を購入済なのでどうでも良いですが】解りません。
    ZⅡが1月ランクインしていないのはさほど売れていないのでしょう。12月の発売直後にランクインしてましたが、Nikonオタクが購入したので一過性でランクインしていたのかもしれません。
    Nikonオタクが良いと言う解像度やボケ味は、昭和の時代から言われてきた事で(風景や花を撮っている年寄りが言ってるのでしょう)、解像度はまだしも動画にボケ味は必要なのでしょうか?
    そして動画に関心のある若い世代に解像度やボケ味の良さは関心があるのでしょうか?
    こんな状態でしかもα1が発表されV字回復は難しいのではないでしょうか?

  3. キューちゃん

    ランキングで最も信用できるのは、BCNの月間ランキングです。
    https://www.bcnretail.com/research/ranking/monthly/list/contents_type=101

    一眼レフも含めてですが、12月はZ6ii 、Z7iiも40位以内に入っていて、まずまず売れています。ii型はセンサーとファインダー、液晶以外はすべて別物ですから、マイナーチェンジではないですね。
    ニコンもキヤノンと同じくカメラが売れて、業績は改善しています。

    α7Siiiは何とか50位以内ですが、α9ii、α7Ⅳはランク外です。EOS RとRPもランク外。

    ヨドバシのランキングはおそらく金額ベースで、時々ライカやEOS-1Dがランクインしたりするので、かなり偏ったランキングです。

    同業のビックカメラでは、ここまでソニーは売れていません。ヨドバシアキバなどではαが一番目立つ所に置いてあり、特別待遇なのでしょう。
    ビックカメラやキタムラでは、ソニーはそこまで目立つ位置には置いてないです。

  4. 1台売って利益2000円の機種が何台売れても赤字だし(ニコン・オリンパス)
    ヨドバシ・マップカメラのランキングの方が実際の経営状態を反映していると思います。

    ニコンは420億の赤字。キヤノンは1150億円の黒字。ソニーは8000億円の黒字。
    (全て全事業集計)

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top