Nikon Z 50の最安値が驚きの急騰 約2万円の値上がり!! 理由は??

Nikon Z 50の価格が急騰

価格.com

Nikon Z 50の価格調査です。これまでNikon Z fcの価格調査をしていましたが、しばらくNikon Z 50については調べていませんでした。すると、Nikon Z 50の価格が急激に上昇していることが明らかになりました。

特に顕著なのが、Nikon Z 50ダブルズームキットで、その価格グラフが上記の画像になります。これをみると、9月に入り平均価格がじわじわと上昇していっていますが、10月中旬になり最安値も平均価格も急上昇していることがわかります。

どういうことなのか調べてみると、Nikon Z 50ダブルズームキットを発売しているショップでは、通販がメインの激安系ショップが激減していて、いまでは1社が販売しているかどうかという状況です。なので、最安値を付けていることが多い激安系のショップでNikon Z 50ダブルズームキットの在庫が次々となくなり、その結果、最安値や平均価格が上昇していると考えられます。

なぜ急激に価格が上昇しているのか

価格.comでNikon Z 50ダブルズームキットを販売しているショップを調べると、全国チェーンの有名店や地方(地元)の有力カメラショップの一部でNikon Z 50ダブルズームキットの販売を取りやめているショップがでてきています。これは、Nikon Z 50ダブルズームキットの供給が滞ってきているのが原因なのではないかと思います。

その理由としては、Nikon Z fcの人気と、世界的な半導体の供給不足が関係しているのだろうと思います。現在、Nikon Z fcは人気が高いですし、恐らく発売直後のNikon Z fcのほうがNikon Z 50よりも利益率は高いと思います。なので、中身はほとんど同じの姉妹機であれば利益率の高いほうの製造を優先している可能性というのはあると思います。

そして供給そのものが脆弱になっているのは、世界的な半導体不足が影響していると思います。恐らく限られた部品しか入手することができないので、どちらかに割り振るとしたら利益率や現在の人気の高いNikon Z fcのほうに割り振りたいという可能性があると思いますね。

ニコンは半導体不足による製品の供給能力が低下していることをあきらかにしています。そのためNikon Z 50とNikon Z fcの両方で生産能力が少なくなっている可能性があり、それが原因でこの価格上昇につながっているのだと思いますね。

そして、Nikon Z fcの供給が潤沢になるまでは、この状態が続く可能性があるので少し心配です。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!