ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIを正式発表 α7 IVはどうなったのか??

ソニーがFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIを正式発表

高い解像性能と美しいぼけ描写を両立し、AF性能の進化も実現
世界最軽量※1 大口径望遠ズームレンズ Gマスター™『FE 70-200mm F2.8 GM OSS II』 発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α™ (Alpha™) Eマウントレンズとして、開放値F2.8の明るさで焦点距離70mmから200mmのズーム全域をカバーする大口径望遠ズームレンズGマスター™『FE 70-200mm F2.8 GM OSS II』 を発売します。
『FE 70-200mm F2.8 GM OSS II』は、超高度非球面XA(extreme aspherical) レンズや最新の光学設計により、プレミアムレンズシリーズであるGマスターならではの高い解像性能と美しいぼけ描写を実現しています。またAF性能については、独自のXDリニアモーターを4基搭載し、従来機種『SEL70200GM』より最大約4倍※3の高速性能へ進化しています。質量は最新の光学設計とマグネシウム合金の採用などにより、従来機種※2比で約3割軽量化し、70-200mm F2.8の望遠ズームレンズとして世界最軽量※1(質量1,045g)を実現しています。

ソニープレスリリース

ソニーがFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIを正式発表しました。かねてから噂されていましたが、実際に発表ということになりましたね。構成されるレンズも少なくなり、かなりの小型軽量を実現しているようで、大口径望遠ズームとしては世界最軽量としています。小型化を目指すソニーらしいレンズと言えそうですね。

気になる発売日ですが、11月26日(予約は10月26日に開始)で、価格は店頭予想価格が33万円前後になるとしています。そうなると多分、33万円より数万円ぐらい安い価格が初値になると思います。焦点距離がちょっと違いますがタムロンの70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)は現在の最安値が11万2999円ですので、タムロンと純正で迷う人もでてくると思います。

α7 IVと同時発表の噂はどうなったのか

以前の噂ではソニーのα7 IVが10月21日に発売され、同時にFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIも発表されるのではないか?という噂がありました。

ソニー α7IVとFE 70-200 F2.8 GMを10月21日に発表か??

しかし残念ながらまずはレンズが先に発表されました。そうなるとα7 IVは発表されるのか、そしてFE 24-70mm F2.8 GMの発表があるのかないのか?というのも気になるところです。

可能性としては、α7 IVの発表が半導体不足の関係でキャンセルされ、FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIだけが前倒しになった可能性と、α7 IVは21日に発表があり、FE 24-70mm F2.8 GMもα7 IVと同時に発表がある可能性、そしてα7 IVだけが発表される可能性の3つの可能性が高いのかなと思います。

21日に発表はあるのかないのか、そして発表があるとしたらα7 IVだけなのか、そしてFE 24-70mm F2.8 GMの後継レンズの発表があるのか非常に気になるところです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!