キヤノン RFマウント互換レンズ販売停止を求めている?? 互換レンズ全滅か

キヤノン RFマウントレンズの販売停止を求める?

キヤノンがRFマウントレンズを製造しているキヤノン以外のメーカのレンズに関して、RFマウント用レンズの販売を停止するよう求めているらしいという噂があるようです。本当なのでしょうか?

それでは、その内容をみてみます。

DPReview

これはDPReviewに寄せられたメッセンジャーアプリのやりとりです。左側が様々なマウントの互換レンズを販売しているViltroxの担当者からの返答だと思われます。右側がこのメッセンジャーアプリの利用者で、質問をしている側になるわけですね。

これではよくわからないので、軽く意訳した文章を掲載しておきます。

他にも販売停止を求められている会社が?

  • hi あなたのWebサイトでRFレンズ用のファームウェアが見当たらないみたいなんだけど、いつ戻ってくるの?
  • こんにちは。私たちはキヤノンからRFマウント製品の販売を停止するように言われているので、RF関連の情報は公式サイト上ではリリースをだすことができない。もしそのファームウェアが必要なら、こちらのメールアドレスにメールを送って欲しい。
  • ありがとう。キヤノンはくだらないことを!将来的に変わる可能性はあるの?
  • わからない。私たちは販売停止を求められた最初の会社ではない。もしキヤノンが将来的に許可すれば、変化があるかもしれない。

これが上記のやりとりを意訳したものになるのですが、このを読むとViltroxがキヤノンからRFマウント関連の製品の販売停止を求められていることがわかります。なので、RFマウント製品の関連情報については公式サイト上で公表することができないとしていますね。

さらに、この販売停止を求められている会社はViltroxが最初ではないという記述もされています。ということは他のサードパーティーメーカもRFマウントレンズの販売停止を求められている可能性があということになります。

こんなことが可能なのかどうかというと、もし可能だとしたら特許との兼ね合いで、特許を侵害しているので販売を停止するようにと求めることが唯一可能なのだろうと思います。例えばRFマウントのマウント形状そのものか、それに関連する特許、そしてAFレンズの場合には電子接点やデータ通信に関するプロトコルなどが特許で守られていて、それを理由に販売の停止を求められているかもしれません。

Viltroxは、これまでVILTROX 85mm F1.8などのRFマウント用オートフォーカスレンズを発売しています。85mm f/1.8というレンズで、現在の最安値は5万6700円という低価格、しかもフルサイズ対応でAF可能ということですので、かなりコスパの高いレンズです。

このレンズの場合はオートフォーカスが可能ですので、電子接点に関する特許や、レンズとカメラのデータのやりとりに関する特許でも、販売停止を求めることが可能になるのだろうと思います。

これが、本当の情報かどうかは今のところまだわかりませんが、もしRFマウント形状の特許に関連しているのであれば、キヤノンの許諾を得いてないレンズがMFレンズやマウントコンバーターなども含めてすべて、AFに関する特許に関連しているのであれば、オートフォーカス可能なRFレンズすべてが販売できなくなるということになり、廉価な製品を欲しいという人にとっては痛手になりそうです。

この他にもニコンのZマウント対応レンズを販売しているメーカもありますが、こちらもニコンから販売停止を求められるという可能性もあるのでしょうか?

ただ、これまで例えば俗に中華レンズと呼ばれている中国製レンズは安かろう悪かろうなところがありましたが、最近のレンズは非常に優秀になっています。これまではマウントの裾野を広げるという意味では見逃していたのかもしれませんが、レンズ性能が良くなり価格も安いということになれば、大手メーカといえども許諾を得ていないレンズの販売は見過ごせなくなっているということになっているのかもしれません。

キヤノンの最新情報

[catlist template=”default” thumbnail=yes currenttags=all]

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

VILTROX
twitterで最新情報をチェックしよう!