本日のカメラニュース 2022/02/11

毎日のカメラニュースをお届け

これまで様々あるカメラのニュースのなかから、皆さんが興味があると思われるカメラに関係するニュースを取り上げ、そのニュースに関連する噂や情報をあわせて紹介したり、そのニュースを深掘りするような記事を掲載してきました。

1日あたり数記事をピックアップして掘り下げるような記事を掲載していたわけですが、実際にはその他にも多くの記事や噂が、様々なサイトで紹介されています。それらすべてに関して掘り下げるような記事を書くのは不可能でしたので、特に興味があると思われる記事を、数記事だけ取り上げていました。

なんとかもっと多くの情報を紹介できないものかなと思っていたのですが、だったらそれをそのまま紹介する記事を書けばいいじゃないと、なぜか急に思いついたので、その日にあったカメラのニュースや噂について、一つの記事にまとめて紹介するというお試しの記事を書いてみようということで、本日からお試しでこの記事を記述してみることにしました。

思いつきなので正式な記事のタイトルや、実際の表現方法など完全に固まっていないのですが、記事を書きながらちゃんとしたモノにしていきたいと思います。紹介する記事がない日もありますので毎日の更新ではないかもしれませんが、長い目でみていただけると助かります。

それでは本日のニュースです。

2022年2月11日のカメラ関連ニュース

OMデジタルの新レンズの製品画像が流出か

OMデジタルが15日にOM-1を発表するという噂がでていますが、同時に発表されると思われるレンズの製品画像が流出しています。こちらは以下に詳細な記事にしましたので、こちらからご覧ください。

コシナ Zマウント用 35mm f/1.2を発売か

Photo Rumorsが、コシナがNikon Zマウント用のレンズを発売するのではないかという噂を紹介しています。こちらの記事については、以下に具体的に記事にしてみたので、ご覧いただけると嬉しいです。

DPREVIEWがソニーα7 IVのレビュー掲載

α7IV

DPReviewがα7 IVのレビューを掲載しています。レビューはかなり詳細なので、実際に読んでみるとかなり面白いですよ。ちなみに、まとめとしては以下のような内容になっています。

■ 長所
・静止画と動画の両方で優れた画質
・シンプルでパワフルなAFシステム
・優れたダイナミックレンジによる柔軟なRAWファイル
・10-bit動画による柔軟性のある使い易い処理
・改善された筐体のデザイン
・拡張されたカスタマイズ性
・充電や給電のUSB PowerDeliberyサポート

■ 短所
・以前のカメラよりも正確性に欠ける瞳認識AF
・背面液晶の解像度がかなり低くなった
・意図的なカメラの動きに対するボディ内手振れ補正の苦労した動作
・完全なダイナミックレンジのRAWが欲しいときに、10コマ/秒から6コマ/秒に連写性能が低下する
・いくつかのオプション、設定は不必要なほど複雑

DPReviewより

JVCケンウッド ビデオカメラ撤退の波紋広がる

jvc kenwood

翌21年も市場は低調なままで、9月は61.4、12月は48.0と前年をさらに下回った。スマホによる動画撮影の広がりなどで市場規模が縮小していたところに、コロナ禍が追い打ちをかけた形だ。メーカー各社にとって、縮小市場では積極的な開発投資が難しく、需要を刺激する新製品が少なくなるという悪循環も低迷の一因だろう。

BCNより

先日、ビデオカメラ市場から撤退が発表されたJVCケンウッドですが、関連する報道が様々続いています。ビデオカメラはスマホとは異なりズームができたり、手振れ補正があったりするので、スマホとは相容れないと思っていたのですが、こちらもカメラと同じくスマホで動画が撮影できることで市場が縮小したというのが正しい解釈のようですね。

富士フイルム GFレンズキャッシュバックキャンペーン

富士フイルムがGFレンズの最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを開始することが明らかになりました。購入対象期間は2月10日~3月31日までです。GFレンズの購入を検討している人は待ったなしですね!

TTArtisanがマイクロフォーサーズ規格に賛同

micdo four thirds

TTArtisanのブランドで知られる中国のレンズメーカ深圳銘匠光学科技有限公司がマイクロフォーサーズ規格に参加することが明らかになりました。OMデジタルが発表したものです。日本では焦点工房が代理店で販売しているわけですが、これまではAPS用のレンズしか日本では発売していない状況だったようです。

マイクロフォーサーズ規格に参加するということで、これまではマニュアルフォーカスが多かったのですが、マイクロフォーサーズのレンズでは電子接点のあるAF/AE可能なレンズが発売されることが期待できそうですね。廉価なレンズとして発売される可能性があるので、マイクロフォーサーズのミラーレスを利用している人にとっては選択肢が増えて嬉しいのではないでしょうか。


さて、本日の主なカメラニュースはこのようになっています。まだちょっとフォーマットが固まっていないのですが、書きながら読みやすい形にしていこうと思います。毎日掲載されるわけではありませんが、不定期でその日のニュースをまとめてみたいと思います。

今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!