キヤノン 一眼レフレンズが新たにディスコン 一眼レフの存続は難しい??

EF17-40mm F4L USM

EF17-40mm F4L USMがディスコンに

キヤノンがEF17-40mm F4L USMをディスコンにしたことが明らかになりました。

今年、当サイトでキヤノンがEFマウント用レンズ4本が在庫僅少になったことを報告しました(キヤノン EFレンズ4本を新たにディスコン 一眼レフ撤退間近か??)。今回の調査で、そのうちの1本、EF17-40mm F4L USMがディスコンになったことが明らかになりました。現在のキヤノンEFマウント用のレンズのラインナップはこちらから確認することができます

ディスコンというとがっかりするかもしれませんが、このEF17-40mm F4L USMは2003年の発売というかなり古いレンズで、その後に同様の焦点距離、開放f値のレンズは発売されていませんが、似たような焦点距離をカバーできるEF16-35mm F4Lといったレンズがありますので、このレンズがなくなることによる影響は、さほど考えなくてもいいのかなと思います。

むしろ、これだけ旧設計のレンズが2022年まで存続していたのが不思議という感じですね。

ですが、依然として以下の3本のレンズは在庫僅少の状態が続いています。

  • EF24mm F1.4L II USM
  • MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
  • TS-E135mm F4L マクロ

これらのレンズも、同様にいつディスコンになってもおかしくない状況になっていると思いますね。

自分がキヤノンの経営者だとしたら、焦点距離が被っているレンズで設計の古いもの、光学性能が相対的に悪い廉価なレンズといったもの、今後の売上は余り見込めないレンズについてはディスコンにして、最低限のラインナップしていきます。キヤノンも一眼レフ用のレンズについては、ほぼ在庫のみで実際に生産しているのは需要があるレンズのみで、それ以外のレンズについては次々とディスコンになる可能性も高いのかもしれません。

ただ職業的にシフトレンズやマクロレンズなどはどうしても必要な人はいると思います。そのような需要のためにミラーレス用のシフトレンズ、魚眼レンズなどの特殊なレンズの拡充も期待されるところだと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EF17-40mm F4L USM
twitterで最新情報をチェックしよう!