EOS Mは2021年が最後に年になると噂?? RFマウントに集約の可能性

キヤノンの世界で最大の疑問の一つは、EOS Mのラインナップについて会社はどのようにしようとしているか?ということだ。しかしながら、ほとんどの人は望むと望まないに関わらず、キヤノンは恐らくEOS Mのシステムの開発にリソースを割かないだろうという事実を甘受しているのではないかと思う。

私は最近、二人の情報筋から言われたことには、両方とも2021年がEOS Mシリーズの最後の年になるかもしれないということと、EOS M50 Mark IIは将来の2台のRFマウントAPS-Cカメラとの間の穴埋めとなるかもしれないことを示唆していた。

2台のAPS-C RFマウントカメラが登場すると聞いたのは、これが初めてだが、しかしそれは理にかなっている。EOS Mのラインナップにはファンがいて、そしてもしキヤノンがAPS-C RFマウントカメラを現在のEOS Mカメラとほぼ同じサイズで発売することができたなら、彼らは勝利を手にすることになるだろう。

どちらの情報筋も、APS-C EOS Rカメラ用のRF-Sレンズはないだろうが、将来のレンズ設計は”専用のAPS-Cがない空白を埋める”ことになるだろうと断言していた。APS-Cの撮影者用のレンズとして必要なのは、恐らく散歩のためのキットズームと広角レンズだけなので、それも納得できるものだ。

私はEOS Mの在庫がまだあるので、EOS Mは2021年を少し超えるころまで継続すると推測しているが、しかしキヤノンは遅かれ早かれこれに対処する必要があると思う。

(記事を一部引用して意訳しています)

EOS Mのラインナップが終了する?

CanonRumorsがRFマウントのAPS-Cカメラについての噂を掲載しています。画像はEOS KIss M Mark IIです。

記事によれば、2021年がEOS Mにとって最後の年になるかもしれないとしています。そして、RFマウントのAPS-Cミラーレスカメラは2台発売する可能性があることが示唆されています。

そして、そこからさらに具体的な話になるのですが、EOS M50 Mark II(日本名EOS Kiss M2)は、今後発売されるRFマウントAPS-CカメラとEOS Mとの間のギャップを埋める機種似なるのかも知れないと言うことだそうです。

2021年でEOS Mが最後になってしまうというのは、ちょっと衝撃的な話かもしれません。製品の在庫がまだあるので、2021年で終了というわけでは無く、2022年までずれ込む可能性もあるようですが、とりあえず在庫がなくなり次第、EOS Mがディスコンになる可能性があるということになります。ということは、もし噂が本当ならばEOS KIss M2が最後のEOS Mシリーズの機種になる可能性があるということになります。

なので、今後、EOS Mの新シリーズは発売されない可能性が高いですし、もし発売されたとしたら、この噂は間違いだったという可能性が高まることになりますので、今後の噂に注目ですね。

APS-C用のレンズはどの程度発売されるのか?

噂によれば、ある程度のレンズは発売されるものの、それも限定的なものになる可能性が高そうですね。

例えば、いま、EF-Mマウントで発売されているレンズは以下のようなものになります。

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM
EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
EF-M22mm F2 STM
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
EF-M32mm F1.4 STM

これだけしかないというと失礼ですが、確かにキットズームと便利ズーム、広角ズームと単焦点がいくつかというぐらいのレンズしかありません。このラインナップでもEOS Kiss Mなどはかなり売れていますので、廉価なAPS-Cミラーレスが欲しい人向けとしては、このぐらいのラインナップがあれば十分ということが言えるのかもしれません。

逆にいえばRFマウントでも廉価な機種に対しては、上記と同じ程度のラインナップがあれば十分ということになりそうです。もっともフルサイズ用のレンズも利用できるので、価格は高いですし、焦点距離も換算して考えなければならないですが、選択の幅が広がるので、それでカバーできる側面もあると思いますね。

(記事元)https://www.canonrumors.com/it-looks-like-2021-will-be-the-last-year-for-the-eos-m-lineup-cr2/

[template id=”4241″]

「EOS Mは2021年が最後に年になると噂?? RFマウントに集約の可能性」への2件のフィードバック

  1. EOS M は先日の特許に見られるようにレンズ交換式ブイログカメラとして
    最適と思うがどうなんだろう。
    RFマウントAPS-Cカメラが出てもRF-Sレンズが出ないとなれば小型軽量は
    望めず言っていることに無理があるように思えます。
    売れ筋でもある EOS M シリーズは止めないと思います。

  2.  EF-S自身もそんなに偉そういえるほど出ていない状況だったので、RFでAPS-C専用は絞ってくるのは当たり前のような気がします。調べてみた感じでは現在、EF-Sは、10-18、10-22、17-55f2.8、18-55、18-135、18-200、55-250、24、35マクロ、60マクロ。15-85が消えているようですね。。。。2重になっているのもあるので、そんなにEF-Mと変わらない。EF-Mではファインダーなしに対応とかも考えているでしょうし。全体的に管理人さん他の仰る通りでしょう。RFではフルサイズ用も使えるしで、個人的にはソニーでも同様で、APS-C専用は絞っているとの認識です。ですがキャノンもAPSーC専用は、出すべきものは出すでしょう。
     Mフォーサーズやフジ他のせいもあって、専用が少ないとなるのでしょうが、Mフォーサーズでも最近出たM.ZUIKOの100-400mm f5-6.3 は、シグマのフルサイズのものの小改良版(OEM)でしかないと考えています。各社とも苦労しているのだと思います。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top