EOS Kiss X11の噂 まだまだ健在の一眼レフ

もしすべてスケジュール通りに進んだ場合、Canon SL4/Canon 200D Mark IIを2021年8月~9月に見ることができるだろう。しかし、今から1年以上も先の発表について何か言うことは早すぎる。

Canon SL4 / 200D IIIの噂される仕様

・2400万画素 第三世代デュアルピクセルAFセンサー
・ノンクロップ4k 30p,24p
・4kでのデュアルピクセルAFのサポート

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)http://thenewcamera.com/canon-sl4-canon-200d-iii-coming-on-2021/

キヤノンEOS Kiss X11の噂

NewCameraがEOS Kiss X11の噂を報告しています。

まず記事ではCanon SL4/Canon 200D Mark IIの噂が記述されています。キヤノンは日本国内と海外でモデル名が異なる場合があり、ちょっと見慣れないカメラのように見えますね。

日本国内でEOS Kiss X10は海外ではEOS Digital Rebel SL3、EOS 250D、EOS 200D IIという名前で販売されています。というわけでモデル名からみると、この噂はEOS Kiss X10の後継機種の噂に関するもので、EOS Kiss X11に関する噂ということになるわけですね。

というわけで記事によれば、EOS Kiss X11は来年の8月から9月頃に発表されるようです。かなり先の話になりますね。たぶんロードマップとしてそのような感じになっているのだと思われます。

今でも売れてる一眼レフ

世の中ミラーレスブームのような印象があるのですが、ランキングなどをみると結構APS-Cセンサーの一眼レフも売れていますよね。一眼レフのほうがレンズも多いからと思いましたが、APS-Cの廉価な一眼レフを購入する人はキットレンズに単焦点や便利ズームを買い増すぐらいでしょうから、レンズが豊富だから一眼レフのほうが売れているというのは考えにくいですよね。

やはり実際に利用してみて光学ファインダーが見やすいこと、しっかりとした大きさがありカメラとして握りやすく、ボタン類も適切に配置されていることなどが大きな理由ではないのかな?と思います。

EOS KissはEOS Kiss Mが発売されたことで、売れなくなるのかな?と思ったら、いまでもランキングで上位にランクインするほどうれていますし、そしてEOS Kiss Mも売れています。案外、ユーザはミラーレスと一眼レフのメリットとデメリットをしっかり理解して購入しているのかもしれませんね。

[template id=”4241″]

「EOS Kiss X11の噂 まだまだ健在の一眼レフ」への1件のフィードバック

  1. EOS kissX7以降このシリーズはよく売れたようですから継続しても不思議ではありませんね。
    X10は軽くて小さく少し前の中級機並みの性能を保持しファインダーに限っては倍率は一つ上の
    機種より大きいですね。
    一つ寂しいのは測距点が9点なのでゾーンAFが出来ないことぐらいと思います。
    これで安いとくれば売れると思います。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top