フィルムカメラで撮影する女子が増えている?? レトロな雰囲気が良い

フィルムカメラの魅力にはまるカメラ女子が増えている

・デジカメのほうが鮮明に写るがレトロな雰囲気が気に入っている
・中古を4万円で購入
・シャッター音もお気に入り
・すぐに見られないというのも楽しい
・撮影したときの気持ちをフィルムカメラのほうが覚えている
・コロナ渦で新しい趣味として始めた
・1枚撮影するのに時間をかけるので写真への愛着がわく
・予想外の写真が撮れるのが楽しみ
・現像に出すと3時間でスマホで閲覧可能
・フィルムカメラ専門店でも20代、30代の女性が倍以上に増えている

TBSニュース

フィルムカメラで撮影を楽しむ人が急増しているという記事がありました。上記はその内容の一部をまとめたものになりますので、すべては記事元リンクから動画をご覧ください。

記事によれば、フィルムカメラで撮影を楽しんでいる女子が増えているのだそうです。デジカメだと鮮明に写る写真を無制限に撮影することができるけれども、フィルムカメラではフィルムの撮影可能枚数もあるのでじっくり様々な設定で撮影できるのが楽しみの一つのようですね。そして、時間をかけるぶん思い出にも残るし、その瞬間を大切にしようという思いにもつながるようです。

さらに現像するまで実際の写真をみることができないので、現像されるまでのわくわく感ですとか、後からうまく撮影できたとか失敗したとか写真をみる楽しさみたいなものも増すようです。さらに出来上がった写真がデジカメとは異なり、レトロな感じに写ることも魅力の一つになっているようですね。

以前にもフィルムカメラの人気がじわじわと広がっているという記事を紹介したことがありますが、その後も少しずつそのような人が増えていた可能性がありそうです。上記のニュースでは、実際にフィルムカメラ専門店の20代、30代の女性の来店が2倍になっているそうですので、フィルムカメラを趣味にしようとしている人は増えているのかもしれません。

必要は発明の母ではあるが

そもそもカメラの進化の歴史は、誰もが簡単に一定のレベルの写真を撮影できる進化の過程でした。露出計が内蔵されたり、オートフォーカスが実現したり、フィルムからデジタルになってすぐに写真を確認できるようになったり、今では瞳認識などで自在に人にフォーカスを合わすことができるように進化しています。

ですが、不便さがあったほうが逆に面白さや楽しさを感じるというのは、なんとも進化に逆行しているようで面白いですよね。車に例えれば、遠くに早く移動できる手段としての車と考えればオートマで十分ですが、運転しているという楽しさを得たい場合にはマニュアル車のほうが楽しいというような感じでしょうか?

スマホの写真アプリでも翌日にならないと閲覧できないというような「写るんです」風に撮影できるアプリが人気なようで、カメラは案外、不便さがあったほうが楽しいのかもしれません。

明日にならないと見られないスマホカメラDispoがいま人気の理由

ただ興味を持つ人が2倍になったとしても、元の数が少なければ雀の涙ですから、実際にはどの程度の人が興味を持っているのか非常に気になりますね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!