“カメラはマニア層にしか売れなくなってる” 低価格製品は消滅の可能性と指摘

売れるカメラはマニア層にシフト 低価格カメラは消滅の可能性

PHILE WEBがコロナ渦における各販売店の声を掲載しています。画像は本記事とは無関係なカメラのイメージ画像です。生地では、オーディオを取り扱うショップの声などもありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

以下、記事の内容を店舗別に引用してみます。

ヨドバシカメラの場合

キヤノンから納期未定とされていた人気商品「EOS R5」が年末に出荷され、売れ筋ランキングでトップに立ちました。それでもなお、お客様の注文はいまだ残っている状態にあり、出荷さえあれば、ソニーの牙城を崩せそうです。「キヤノンVSソニー」の構図に対し、なんとかニコンも新製品「Z 7II」が売れ筋ベスト5に滑りこみました。

(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad36ead2866c7eda2f9ec9b903a23723629efeb

ヨドバシカメラの販売店の声を聞くと、EOS R5が売れ行きが絶好調なのがわかりますね。販売から半年以上経過したいまでもバックオーダーを抱えているようで、入荷したら即完売という状況になっていることがわかります。EOS R5が需要を満たすほど製造できていたら、ソニーのαを超えて売れていた可能性はかなり高いと思いますね。

EOS R5が売れた理由について、個人的にですが、もちろん基本的なスペックが高いことと、スペックでは表れない被写体の追従性能などAF性能が高いといった使用性が高かったということもあると思います。しかし、これまで既存のキヤノンの一眼レフユーザが買い換えたいと思うようなフルサイズミラーレスがなかったので、ここにきて一気に乗り換えが進み、EOS R5の需要がかなり増したのではないのかな?と思います。

そしてニコンもようやくNikon Z 7IIが5位にランクインしたということのようですが、EOS R5のようなカメラをつくらないとニコンとしては厳しいのかな?と思います。

フジヤカメラの場合

キヤノンのフルサイズ機「EOS Rシリーズ」が、カメラ、レンズともに売上げをけん引する力強い存在となりました。反対に、昨年秋に「α7sIII」を投入したソニーにやや元気が無いのが気になるところです

今後、フルサイズミラーレス一眼が市場をけん引していく形がはっきりと見えてきたように感じています。“売れる”製品がマニア層を中心とする方向にシフトしてきています。そうした層に応えられるレベルの製品でないと、高性能化が進むスマホとの棲み分けは、今後ますます難しくなるのではないかと思われ、そのため、ライトユーザー的な市場は縮小、消滅してしまうのかもしれません。

(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad36ead2866c7eda2f9ec9b903a23723629efeb

フジヤカメラはカメラ販売を専業としているショップですので、よりカメラに関して造詣が深く、購入する人もカメラに詳しい人が多いことが予想されますね。

その販売店からみると、売れる商品はマニアを中心した方向にシフトしていることが明らかになっているようです。つまり、一般的なユーザではなくて、よりカメラに詳しい層にカメラを売らなければならないため、マニアに対して訴求する製品でなければ、売れないということになってきているようです。

例えばキヤノンはEOS R5で8k動画の録画に対応したりですとか、ソニーがα7S IIIで超高感度耐性のカメラを作ったりですとか、少しとがった何かがあるカメラでなければ売れないのかもしれません。

そこで気になるのがニコンですね。ニコンは、すでに数を追わない(販売台数を追わない)という戦略を明らかにしています。つまり、安い製品は作らずに高価格で高粗利な製品で利益率重視の経営戦略にしていくのだと思います。しかし、もし上記の販売店の声にもありますが、マニア層に突き刺さる製品でなければ売れないということになると、既存の製品のブラッシュアップを続けている程度では、まったくカメラが売れないということになってしまうかもしれません。

そして、ソニーは本日の0時に渾身のフラッグシップモデルとなるα1を発表し、見事スペック的にはマニアに突き刺さるようなカメラを製造してきました。このぐらいのスペックでないと「数を追わない」という戦略は不可能だと思います。今後、どのようなカメラを発売しようとしているのか気になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog