デジタル化失敗で倒産したコダック ニコンは同じ道を歩んでいるのか

コダックが倒産した理由

 しかし、それ以上に、コダックには「保守派」「守旧派」と呼ばれるステークホルダーが多く存在していました。銀塩周りの写真品質にこだわる技術者や、現像に関わる販売店など、従来のコダックのビジネスモデルによって潤う人たちはたくさん存在したのです。このような技術的転換点において、経営者はジレンマに陥り、そして、ジレンマは「希望的観測」を生み出します。「こうなってくれた方が私たちにとって強みが活かせる」「この方が私たちに都合が良い」という願いが冷静な分析を打ち消していくのです。

創業者のジョージ・イーストマンが考えたように、この当時の経営陣もビジネスを「ゼロベース」で考えるべきだった、というのはその通りでしょう。しかし、実際の経営は、こういったジレンマに伴って湧き上がってくる「希望的観測」を黙らせないと前に進まないというのが現実。コダックはその向き合い方に失敗したのかもしれません。

JBpress

フィルムメーカとして有名だったコダックが倒産した理由についての記事が掲載されています。かなり詳細な記述がありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

これまで一般的には、カメラのデジタル化が進んでいったことにコダックは対応できず、カメラ用などのフィルム製品以外の新事業を展開することができずに倒産してしまったというように思われていると思うのですが、この記事では少し違う見方をしているようです。

実はコダックは早くからデジタル化に取り組んでいたのですが、撮影から現像、そして保存までを統合して儲けるような仕組みを考えていたため、市場から取り残されてしまい倒産してしまったというのです。そして、既存のフィルム現像などで儲かっていた販売店なども多くあったので事業転換が難しかったとしています。

デジタル化で現像や編集、印刷などは個人で行えるようになったので、撮影から現像、アルバム造りなど全体で利益を得ようとするビジネスモデルは通用しなくなったということを言いたいのだと思います。そして、結論としては、やはりどの時代も経営陣はゼロベースで考えることが重要だったとしています。

ニコンにも同じことが起こっていないのか

デジタル化によって技術的な転換を見通すことができなかったコダックと同じように、ミラーレス化によって技術的な転換点を見通すことができなかった企業としては、やはりニコンを思い浮かべてしまいます。

上記の記事では、コダックが保守派という利害関係者がいたり、フィルムによる写真品質に拘る技術者がいたことで経営者はジレンマに陥ったとしています。

そして、ニコンは以前の記事で社内では一眼レフ志向が強いことを認めています。これは一眼レフに拘る技術者が多いということを意味しています。

ニコンがミラーレスに消極的な理由 “社内に一眼レフ志向が根強い”

そして市場では、ニコンはミラーレスに参入するのが3年遅かったのではないかと言われています。

“ニコンはミラーレス参入が3年遅かった” 判断遅れ指摘 利益率低い体質

このことから考えると、やはりその時点でゼロベース(まったく何もない状態)から、理想な状況を考えて、それを目標にして経営をしていったほうがよかったのではないかなと思いますね。ミラーレスを発売することで一眼レフの共食いを防ぎたいという、「保守的」な考え方では実際にはあまりよくなかったということなのだろうと思います。

ですが、後から考えれば簡単に指摘することはできますが、その時点で最適な解答を導き出すのは非常に勇気のいることで、なかなか難しいという側面はあったのだろうと思いますね。

販売シェア的には、一眼レフ時代よりかなり落ち込んでしまっていますが、まだ技術的に巻き返すことはできると思いますので、ぜひ頑張ってほしいと思いますね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!