いま交換レンズは何が売れている?? ヨドバシ売れ筋ランキング

ヨドバシ 交換レンズ売れ筋ランキング公開

第1位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
第2位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
第3位 タムロン 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Eマウント)
第4位 ニコン NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S
第5位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント)
第6位 シグマ 85mm F1.4 DG DN | Art (Eマウント)
第7位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント)
第8位 ニコン NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
第9位 キヤノン RF70-200mm F2.8 L IS USM
第10位 キヤノン RF24-105mm F4 L IS USM

CAPA CAMERA WEB

ヨドバシカメラ2月下期の交換レンズ売れ筋ランキングが公開されています。画像は4位にランクインしたZ 400mm f/2.8 TC VR Sです。記事ではランキングに関する詳しい考察もありますので、すべての記事は記事元リンクからごらんください。

さてランキングをみてみます。全般的にソニー用のレンズがかなり売れているという印象ですね。ソニー用で売れているレンズをみると標準ズーム域を含む便利ズームや超高倍率ズームなども売れているので、おそらくですが本体と同時に購入されている割合が高いのかな?と思います。

先日のランキングをみると、ソニーのα7 IV、α7 III、α7Cのボディ単体製品がランキングに入っていることがわかります。このボディ単体に合わせて大口径のズームレンズや便利ズームが売れているのではないのかな?と思います。

ニコンでは望遠ズームや400mm f/2.8という望遠単焦点がランクインしているわけですが、これらはおそらくNikon Z 9と併せて購入しているのではないかなと思いますね。

交換レンズ売れ筋ランキングの推移

それでは、ヨドバシカメラの交換レンズ売れ筋ランキングの推移をみてみます。

グラフをみるとソニーのFE 24-105mm F4が比較的堅調に上位にランクインし続けていることがわかりますね。そしてタムロンの28-75mm F/2.8も人気レンズであることがわかります。

同じタムロンでは28-200mm F/2.8-5.6もランクインしていて、1本ですべてを済ませたいという人や、大口径でしか撮影できない写真に魅力がある大口径を選択している人と二つに分かれているのかなとも思います。

この、24-105mmあたりは最近の定番レンズですよね。そして、100-400mmや100-500mmというレンズも人気のあるレンズです。なので、これまで標準ズームと望遠ズームの切り替わりは70mmあたりで、24-70mmと70-200mmという2本のレンズにわかれていたものが、24-105mmと100-300mmあたりの2本のレンズのほうが人気がでてきている印象を持っています。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog