ヨドバシカメラ 2月下期ランキング EOS R3が再ランクイン

ヨドバシカメラ売れ筋ランキング

第1位 ソニー α7 IV ボディ
第2位 ニコン Z 9 ボディ
第3位 ソニー α7 III ボディ
第4位 ソニー α7 III レンズキット
第5位 キヤノン EOS R3 ボディ
第6位 キヤノン EOS R6 ボディ
第7位 キヤノン EOS R5 ボディ
第8位 ソニー FX3 ボディ
第9位 ソニー α7S III ボディ
第10位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット

CAPA CAMERA WEB

ヨドバシカメラが2022年2月下期のデジカメ売れ筋ランキングを公開しています。ランキングの解説などもありますので全文は記事元リンクからご覧ください。

さて、ランキングをみてみます。全体的にはソニー、キヤノンが絶好調という感じになっています。ソニーは発売されたばかりのα7 IVが1位を獲得し、そして旧機種のα7 IIIも上位にランクインしています。これは、α7 IVが発売されるという噂があったので購入を様子見していた人が、実際のα7 IVの仕様や価格をみて、α7 IVやα7 IIIの購入を選択した結果ではないのかなと思います。

キヤノンはR6とR5が好調です。そしてEOS R3が5位にランクインしたのはキヤノンユーザにとっては朗報だと思いますね。キヤノンはプレスリリースで半年待ちの可能性があるとしていますが、それでもある程度の供給はされているようです。

ですが、これはたぶん一時的にまとまった供給があっただけで、すでに予約分で在庫はない状況になっているのだろうと思います。そして、またしばらく供給はないと思いますので、EOS R3を手にするにはまだまだ時間がかかりそうです。

デジカメランキングの推移

それでは、これまでのヨドバシカメラの売れ筋ランキングの推移をみてみましょう。

ランキングをみるとNikon Z 9はフラッグシップで高価な機種なのに、長期間、上位にランクインしているのが特徴的ですね。α7 IVもずっと上位にランクインしていて、人気の高さがうかがえます。

Nikon Z 9に関してはまったく供給がないわけではなく、しっかりと定期的に製品の供給がされていることが、このランキングの推移グラフから読み取れます。そして、α7 IIIと同レベルかそれ以上のランキングになっているということは、かなり売れ行きがいいだろうこともわかりますね。

ただ、これはカメラ専門館があるようなヨドバシカメラのランキングだから上位にランクインしているだけで、より一般的なランキングでは、これだけ上位に入ることは珍しいのではないのかなと思います。

ニコンはNikon Z 9をきっかけにミラーレス市場で存在感を出すことができるといいなと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top