Nikon Z fc 現在の販売状況 多くの店舗で在庫なし 価格もプレミア価格に

現在のNikon Z fcの在庫状況はどうなっているのか?

Nikon Z fcの在庫不足が相変わらず続いています。Nikon FMに似ているカメラとして話題のNikon Z fcですが、発売前まではレトロスタイルのカメラと言われていましたが、ニコンが過去に販売したフィルムカメラのNikon FMにリスペクトする形で発売された製品ということで、ニコンはヘリテージデザインと呼んでいます。

Nikon Z fcと似てますか?

Wikipedia

Nikon Dfの頃もニコンは突然レトロスタイルのカメラを発売して話題になりましたが、Dfはあまり商業的に成功しなかったと言われています。ですが、Nikon Z fcは現在のところ供給不足もありますが、ニコンが想像する以上に人気がでていて、商業的にも成功しそうに思えます。

さて、前置きが長くなりましたが、本題のNikon Z fcの在庫状況です。

現在のところ、Nikon Z fcボディ、Nikon Z fc標準ズームキットとも、価格.comではほぼすべてのショップで売り切れ状態になっており、相変わらずの在庫不足になってしまっています。恐らく、半導体不足、海外、特に東アジアでの新型コロナウィルスの再蔓延を受けて工場の操業が厳しいということなどもあって、供給が不足しているものと思われます。

ただ、価格.comの激安系ショップでは、実際に販売しているかどうかはわかりませんが(サイトへの誘導目的を目的に在庫ありにしている可能性もあるため)、在庫ありのショップも少なからず存在しているのも事実です。ただし、これらのショップは、かなり割高なプレミア価格が設定されています。

激安ショップのプレミア価格の理由

例えば、Nikon Z fcボディに関しては、一般的な全国チェーンや地元の有力カメラショップなどで最も高い価格は12万9800円なのですが、激安系のショップでは13万4000円~15万1246円など5000円から2万円ほど高いプレミア価格が設定されています。

Nikon Z fc標準ズームキットでは、通常ショップの最高値は14万9600円ですが、激安系のショップは15万9800円~17万4000円という価格設定になり、最大で約2万4000円ほど高いプレミア価格になっています。

なので、プレミア料金ぶんを支払っていいということであれば、激安系ショップからの購入は可能なようですが、一般ショップで入手することは、今のところまだかなり難しい状況になっていると考えられそうです。

このプレミア価格については賛否両論があるかもしれません。ですが、安く仕入れて高く販売するのが商売の基本ですので、しっかり卸元から製品を仕入れてこの価格で販売しているということであれば、問題ない行為だと思います。激安系のショップは市場における価格競争の力が強く働くので、人気があり在庫が豊富にある商品であれば、最安値で販売することもあれば、人気のある商品だとより高い値付けになってしまうのだと思います。

逆に、全国チェーンや地元の有力カメラショップなどは、市場の需要だけで判断して高い価格を設定すると、「在庫が少ないのからといって高値をつけて儲けようとするのか!」という悪い評判になってしまうので、純粋に需要と供給のバランスで価格を設定できないという事情があるのだろうと思います。

Nikon Z fcの話に戻すと、やはり半導体不足や、新型コロナウィルスによる海外工場の稼働状況の問題によって、なかなか製品を供給することが難しい状況になっているのだろうと思いますね。しばらくはこの状況が続きそうです。ですが、このおかげで製品を販売する機会を損失することになりそうですので、非常にもったいないなと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「Nikon Z fc 現在の販売状況 多くの店舗で在庫なし 価格もプレミア価格に」への2件のフィードバック

  1. 路傍のカメラ好き

    待ち切れず、あるいは注文時の熱が冷めてキャンセルした人もチラホラ見受けられますね。
    ライカなんて半年待ちだしとか、正式納期提示できないから仕方ないとかで「気長に応援しようよ」って意見も見受けられますが、
    多くの人は「ニコン応援のため」ではなく「欲しいから」買うわけで、それが手に入らないことへの不満は当然抱きますよね。
    個人問い合わせには何らか回答してる(らしい)ことや、何より28SEキットだけ延期なので世間ではボディを手にしてる人がいることの不公平感が、不満を助長してそうです。

    「撮っている時間も持っている時間も楽しい」がキャッチフレーズですが、発売時期さえ未定のまま「待っている時間も楽しい」と言える人は多くないはず。
    Zfcからカメラ始めようとしてた方なんかは、この件で逆にニコン嫌いになってしまうかもしれませんね……

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top