ニコン レンズロードマップを更新 28mm f/2.8 SEが追加 他

ニコン レンズロードマップ更新

NikonRumors

ニコンがレンズロードマップを更新しています。画像タップで拡大します。

中身はほとんど変わっていないようですね。前回に報告したロードマップは以下のようになっています。

ニコン レンズロードマップ更新 今後は単焦点3本、ズーム4本を予定

これをみると今回開発発表のあったDX(APS-C)用の18-140mmはすでにロードマップにありますので、発表そのものは嬉しいですが、情報としては別に驚くのあるような情報ではありませんでした。

そして今回発表のあったZ 28mm f/2.8 SpecialEditionがコンパクトプライムレンズの項目に追加されていることがわかります。よく見た人は、あれ?その下にまだ28mmがあるぞ?同じ焦点距離で2本発売されるの?と思ったかもしれません。たぶん、SpecialEditonでない28mmを指していると思います。

今後のロードマップ

今後の発売予定のロードマップをまとめると以下のようになります。

・85mm S-Line
・400mm S-Line
・600mm S-Line
・28mm (たぶん非SE)
・48mm
・24-105mm S-Line
・100-400mm S-Line
・200-600mm
・DX 18-140mm

こうみると少しずつ揃ってきているのですが、なんかあんまり拡充しないなという印象です。

そろそろ次のロードマップが欲しいところですよね。どんなレンズが発売されるのかわかれば、自分の使いたいレンズがまもなく発売されるかもしれないのであれば、別のレンズとともに購入して備えておこうという人もでてくると思います。特にNikon Z 9が予定されている現在では、望遠系のレンズの充実はマストになると思います。

ニコンとしてはなかなか大変とは思いますが、ぜひ頑張って欲しいと思いますね。あとキヤノンのように面白いレンズも発売して欲しいなと思います。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!