ニコン 内部資料が流出?? APS-C一眼レフ後継の計画はないらしい

ニコンの社内プレゼンの噂

・新しい105mm Zマウント用のマクロレンズの需要はニコンが予想するよりも高く、長く入荷待ち状態が続くだろう
・7本の新しいZマウントレンズの発表が予想される
・ニコンはオリンピックに行くプロフェッショナル向けにZカメラとレンズを提供する。ニコンはZシリーズとスポーツ撮影で利用するプロフェッショナルを合わせる販促キャンペーンをまとめている。
・多くのレンズと本体は材料やチップの供給不足から在庫が少なくなっている。ニコンは今年はこの状況に変化がないとみている。
・ニコンはすべての機器をアメリカに航空輸送している。空輸のコストはとても競争が激しく高価になっている。
・新しいAPS-C一眼レフやレンズは、今のところ計画がない(D3500の後継機種はない)。
・Nikon Z 9は2021年の第四四半期に発表される
・D850とD500の後継機種は来年に行われる可能性がある(まだ確証がない)。D500はここ1ヶ月在庫切れになっている。
・来年にかけて、多くのFマウント製品がディスコンになるのを目撃するだろう。D780はしばらくの間は残る。
・Zカメラのエントリークラスカメラは2022年末に予定されている(Z 30?)。部品供給の問題が今年に解決されれば、発表ははやくなる可能性がある。

NikonRumors

ニコンが社内で、恐らく販売店か卸店向けの内部発表会を行った様子が流出しているようです。内容は上記のようになっています。

ポイントはいくつかあると思うのですが、少し簡単にまとめてみます。

・レンズと本体は部品供給の遅れで製品供給量が少なくなっている
・年内は製品供給に問題がある
・APS-C一眼レフの計画はない
・D850、D500の後継機種は来年にあるかもしれない

恐らくサプライチェーンの問題や半導体不足が影響しているのだと思われます。しばらくは様々なニコン製品で在庫不足になる可能性が考えられそうです。

APS-C一眼レフの後継機種はあるのか?

内容からわかることは、少なくともニコンはD850やD500など人気機種の一眼レフについては後継機種を考えてるらしいことがわかります。ただ、部品の供給に問題を抱えていることから、実際には生産したくてもできない状況にあるのではないのかなと思いますね。

APS-C一眼レフの後継機種の計画はないが、D500の後継機種はあるかもしれないという、ちょっと矛盾した情報もありますが、廉価な一眼レフの計画はないと解釈して、それでは廉価なAPS-C一眼レフはディスコンになってしまうのでしょうか?可能性としては、単純に発売される可能性が「ある」「ない」の2択になっちゃうわけですが、それぞれの可能性を考えてみます。

まずは可能性がある場合です。この場合の、まだ発売されていない理由は上記にもあるように部品供給に問題を抱えている可能性があるからだと思います。APS-C一眼レフはまだまだ売れているカメラですし、ライバルは実質キヤノンしかいないので、像面位相差センサーを搭載した一眼レフを発売すれば、まだまだキヤノンと張り合えると思います。

それを発売しないのは、やはり部品供給に問題があり、いまはAPS-C一眼レフの製造をしている場合ではないという可能性が高いのかなと思いますね。なのでもし発売されるとしたら、年内は不可能で記事にあるD500などと同様に来年になってしまう可能性が高いのかなと思います。

そして「なし」の場合です。この場合は、ニコンは高級商品路線になり、廉価な製品(利益率や粗利の少ない製品)は、今後はもう販売するつもりはなくて、廉価なAPS-C一眼レフも発売しないというシナリオです。

そして記事中にはD3500の後継機種はないという記述がありますが、これは現時点ではないのか、それとももうD3500クラスのカメラの発売は一生ないのか?というところは記事の内容からはわかりません。計画はないという意味なら将来的には後継機種の発売があるのかもしれませんし、もしD3500の後継機種はもうないということであれば、逆に言うとD5600には言及されていないのでD5600の後継機種はあるのかな?ということも言える可能性もあります。そう考えると少なくともD5x00シリーズは残る可能性があるので、ニコンの廉価な一眼レフを欲しいという人にとっては朗報になるのかもしれません。

実際に廉価な一眼レフはどうなるのでしょうね?少なくとも今年に明らかになることはなさそうなので、来年まで待つしかなさそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ニコン 内部資料が流出?? APS-C一眼レフ後継の計画はないらしい」への1件のフィードバック

  1. FマウントレンズはどんどんディスコンになっていてこれからはZを売っていかなきゃならないのにもう一眼レフに注力してる場合じゃないでしょう。
    これ以上ヘタに一眼レフを延命させても一眼レフ好きは留まりミラーレスに将来性を感じてる人や新規ユーザーはミラーレスにやる気のある他社へ流れるのでニコンユーザーは減っていくだけだと思います。
    一眼レフは既存のハイアマ以上の機種を維持しておくだけに留めD7xxx以下は出してる場合じゃない。
    そんな余裕があるならさっさとZのDXを充実させるべきですね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top