ニコンのレトロスタイルカメラの画像が流出?? 本物かフェイクか?

レトロスタイルカメラの画像が流出と話題に

読者が、噂されているNikon Zマウントのレトロミラーレスカメラとみられる画像を送信した。

上記の画像では以前に報告した噂にあるすべてのものをみることができる(ハンドグリップのない薄型の本体)。

NikonRumors

最近、噂になっているニコンの新しいカメラの噂の続報です。キャッチアップ画像はNikon Dfです。

これまではレトロスタイルのデザインになるという噂がありましたが、その画像をサイトの読者が送ってくれたとしています。以前の噂というのは、この記事になります。

ニコン やはりNikon Df似のAPS-Cミラーレスが発売されると噂

画像をみるとちゃんとシャッター速度や露出補正が可能なダイヤルがあることがわかりますね。これは本当にニコンの新しいカメラのものなのでしょうか?

ミラーレス用には間違いないようだが・・・

この画像からわかることがいくつかあります。まずわかりやすいところから、シャッター速度切り替えのダイヤルがあります。それから露出補正のダイヤルがあることもわかります。そして、動画用のボタンがあることもわかりますね。赤い印のあるボタンです。レリーズボタンの周囲は電源スイッチになっているようで、ONとOFFの切り替えができることもわかります。

そして、恐らくですが、露出補正ダイヤルの上側の親指があたる部分と、レリーズボタンの下側にダイヤルがあることがわかります。そして、Fという記述とともに液晶もありますね。たぶんf値が表示されるのだと思います。さらにシャッター速度切り替えダイヤルにも、一眼レフによくあるようなライブビューを行うためのレバーのようなものが取り付けられています。さらに軍艦部をよくみると、たぶんですがファインダーがあるらしいことと、シューがあるようにも見えますね。

ここからわかることを見ていきます。まずシャッター速度のダイヤルの表記はNikon Dfとまったく同じ並びです。数字のフォントも似ているような感じもしますね。録画ボタンがあることから、これはデジタルカメラであるということもわかります。F値の表示ができることから、恐らく電子接点がありレンズとカメラがデータのやりとりをできるだろうこともわかります。

シャッター速度のダイヤルにあるライブビューの切り替えスイッチのようなものがありますが、ミラーレスの場合はミラーアップする必要がないので、このようなボタンは不要のはずです。画像をよくみるとビデオカメラの絵の記述があることから、恐らく静止画と動画の切り替え用のスイッチになっている可能性があるようです。

そして露出補正ダイヤルの左下にセンサー位置を示すマークが記述されています。この位置にセンサーがあるということは、画像右下のマウントキャップ?と思われる部分をマウント面だとすると、かなりフランジバックが短いので確かにミラーレスカメラのようにも見えますね。

ただZマウントにしては、マウントが小さすぎるような気もします。Zマウントだったら、もうちょっとカメラからはみ出しそうなぐらいの感じになるんじゃないのかな?と思いました。

これらの画像から確かにミラーレスカメラではありそうですし、特に何かしらのおかしい点はないようにも思えます。実際にこれが本当にニコンが発売するカメラの流出画像なのでしょうか?

発表は6月末頃にあるということのようですので、要チェックですね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!