キヤノン EOS R3はソニーα1、EOS-1D X Mark IIIより低価格になる模様

EOS R3はα1やEOS-1D X Mark IIIよりも安くなる?

様々な情報筋と次に登場するEOS R3について、多くのディスカッションをしている。最も質問される疑問の一つは、発売時にEOS R3の価格がいくらになるのか?ということだ。

複数の人々は、キヤノンが価格を曖昧にしていると私に述べているが、EOS R3は発売時にソニーのα1(6498ドル)とEOS-1D X Mark III(6499ドル)の両方より安くなるようだ。

一人の情報筋はEOS R3がキヤノンの複数の人からのヒントを元にすると5999ドルで発売されると考えていると述べた。

その価格は絶対に「お買い得な価格」にはならないが、フルサイズのグリップのないボディのソニーのフラッグシップカメラと比較したときに、これはとても大きな偉業になるだろう。

CanonRumors

EOS R3の価格について報告されています。記事によれば、EOS R3はソニーのα1、キヤノンのEOS-1D X Mark IIIよりも安い価格になるだろうとしています。それぞれの価格が示されていますが、それを記事執筆時点の為替レートで換算すると以下のようになります。

・EOS R3 約65万1600円
・α1 約70万5000円
・EOS-1D X Mark III 約70万5700円

EOS-1D X Mark IIIやEOS R3は確かに縦グリップのあるタイプですので、別途、縦グリップを購入しなければならない製品と比較すると、割安といえるのかもしれません。

逆に言うとEOS R1はα1より高額に?

キヤノンによれば、EOS R3はミラーレスカメラのフラッグシップではなくハイアマチュア、プロフェッショナルに対応するモデルだとしています。その記事については以下を参照してください。

キヤノン やはりEOS R1がフラッグシップモデルの可能性高まる

そう考えると、恐らくフラッグシップモデルのほうが価格が高くなりますので、EOS R3はα1やEOS-1D X Mark IIIより安いとしても、少なくともEOS R1はα1やEOS-1D x Mark IIIと同等もしくはそれ以上になる確率が高いのではないのかな?と思います。

あとは機能的な差別化がどのようにされているか?というのも気になるところですね。EOS R3でも連写速度は優秀で、視線操作EVFなど先進的な機能があるのに、さらにそれ以上の何かしらの機能があるということなのでしょうか?

EOS R5とEOS R6でキヤノンの開発能力の高さがわかりましたので、EOS R3の詳細仕様やEOS R1の仕様については非常に気になるところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「キヤノン EOS R3はソニーα1、EOS-1D X Mark IIIより低価格になる模様」への1件のフィードバック

  1. キヤノンは攻めの姿勢ですね。
    ソニー一強だと高価格化するばかりなのでこうして切磋琢磨してくれると消費者としては有り難いです。
    ただR1はおそらく100万円前後になるくらい何か革新的なもの(グローバルシャッター?)を搭載してくるのだと思います。
    これを受けてソニーがどう動くのかも注目ですね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top