富士フイルム GFX 100Sの最新情報 約1億画素、6000ドル、PSAMダイヤル実装か??

我々の情報によれば、GFX 100Sは以下のようなものと想像でぎる。

・GFX 50Sのような猫背ではない
・左肩部にはPSAMダイアルだけがある
・十字キーなし
・ジョイスティックがある
・肩部の液晶
・改良されたビューファインダー(GFX 100SはGFX 50Sのように取り外しはできないが、EVFチルトアダプターのおかげでチルトすることができる)

すでにシェアしている情報を追加してみよう

・名称:GFX 100S
・GFX 50Sよりわずかに小さい
・1億0200万画素ベイヤーセンサー
・全範囲を像面位相差がカバーする裏面照射型センサー
・3ウェイチルト背面液晶
・ボディ内手振れ補正あり
・1月27日に発表
・価格は6000ドル

(記事を一部引用して意訳しています)

GFX100Sの追加情報

FujiRumorsがGFX 100Sの噂について報告しています。画像はGFX 50Sです。記事によれば、富士フイルムのGFX 100Sは上記で引用したようなカメラになるだろうとしています。

富士フイルムのGFXシリーズは、フルサイズセンサーよりもさらに大きな中判センサーを採用しているカメラで、画素数もかなり多くかなり高額なカメラとして知られています。ですが、今回、1億画素のセンサーを採用したGFX 100Sが6000ドルという中判センサーとしては破格な価格で発売されるかもしれないということで、かなり話題になっています。

今回は、主に100Sの操作性に関する噂がでてきたという感じになっています。噂によれば、カメラ上部の左肩部には、ダイヤルが一つだけあり、それがPSAMのダイヤルになるだろうとしています。このPSAMはオート、シャッター速度優先、絞り優先、マニュアル撮影という撮影方法を選択できるダイヤルで、一般的なカメラではほとんどこのダイヤルがあり、撮影モードを選択できるようになっています。

それでは以前はどうだったのか?というと、50Sでは左肩部にISOを決定できるダイヤルがあり、右肩部にはシャッター速度を設定できるダイヤルがあるという感じでした。それぞれのダイヤルでシャッター速度とISOのオートの設定も可能なので、実質的にPSAMの機能もも兼ねることができていたと思うのですが、操作感としてPSAMのダイヤルがあったほうがいいという人も一定数いるようで、ネット上では歓迎する意見も多いようですね。

記事中で「猫背」ではないという記述がありますが、これはGFX 50Sの液晶部分が本体からかなりせり上がった格好になっていたためで、GFX 100Sではボディと液晶部がフラットになっている可能性がありそうです。

これだけ価格が安いと静物や風景はGFXシリーズのほうがよさそうなので購入しようかな?と考える人も多いと思いますね。この領域は富士フイルムにとってブルーオーシャンということになるのだと思います。

(記事元)https://www.fujirumors.com/fujifilm-gfx100s-explained-fixed-evf-only-one-top-dial-psam-no-d-pad-top-lcd-no-humpback-and-more/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog