23年 富士フイルムの新カメラを予想 X-Pro4/X-S20/X-E5ほか

富士フイルムから発売が予想されるカメラ

2023年に富士フイルムから発売されると予想されるカメラについての話題が公開されています。どのようなカメラが発売される可能性があるのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。なおアイキャッチ画像はX-S10です。

■ X-Pro4

我々はX-Pro4が4000万画素センサー、7段分のボディ内手ぶれ補正を搭載して登場すると予想しており、X-T5が提供するような先進的な6.2k 30fpsの動画録画機能はないが、カメラは4k 60pまでの動画が録画できるだろう。X-Pro4の可能性がある主要スペックをみてみよう。

  • 4000万画素 APS-C X-Trans CMOS 5センサー
  • Xプロセッサ 5イメージセンサー
  • 4k 60p 4:2:2 10-Bit動画
  • 7段分のボディ内手ぶれ補正
  • 425点ハイブリッドAFシステム
  • 369万ドット有機ELビューファインダー
  • Bluttooth、WiFi
  • HDMI経由のProResとBlackmagic RAW

■ X-S20

X-S20は2020年に発表され2年が経過している。我々はX-S20のメジャーアップデートがあるとは予想していない。しかし、イメージプロセッサとしてXプロセッサ5を投入し、キヤノンやソニーのようにAFトラッキング性能を向上させたカメラを予想している。

  • 2410万画素 APS-C X-Trans裏面照射型CMOS4センサー
  • Xプロセッサ5イメージセンサー
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正
  • DCI/UHD 4k 60p、Full HD 240fps
  • 425点ハイブリッドAFシステム
  • 236万ドット 0.62倍有機ELビューファインダー
  • 3インチ 104万ドットバリアングルタッチ式液晶
  • Bluttooth、WiFi

■ X-E5

X-E4の後継機種も遅れているが、カメラの価格は非常に競争力があるので、カメラ内部の限られた機能の更新を予想している。

■ X-S100 VI

4000万画素 APS-C X-Trans CMOS 5 HR 裏面照射型センサーとXプロセッサ5を予想している。

  • 4000万画素 APS-C X-Trans CMOS 5 HR 裏面照射型センサー
  • Xプロセッサ5
  • 23mm f/2のレンズ、または新しいレンズ
  • 0.52倍の光学ビューファインダーと、369万ドットの有機ELビューファインダーのハイブリッド
  • DCI/UHD 4k 60p
  • 425点ハイブリッドAFシステムと改良されたAFトラッキング
  • Bluttooth、WiFi
  • フィルムシミュレーションモード

■ X-T300

富士フイルムはエントリークラスのカメラを好まないことを我々は知っている。しかし、富士フイルムは少なくともX-Txxシリーズの生産活動は継続すべきだ。富士フイルムはプロフェッショナルばかりでなくアマチュアもケアすべきで、レンズマウントの仕様も公開されたViltroxやTamronのようなブランドから手頃な価格で素晴らしいレンズを手に入れることができるようになったのだから。

  • 2610万画素 APS-C X-Trans 裏面照射型CMOSセンサー
  • Xプロセッサ5
  • DCI/UHD 4k 60p、F-Logガンマ
  • 236万ドット有機ELビューファインダー
  • 3.0インチ 162万ドットチルト式背面液晶
  • 425点像面位相差AF
  • メカシャッター/電子シャッター
  • Bluetooth、WoFo、スポーツファインダーモード
  • 超音波センサークリーニング

あくまで予想ではあるけれども

当サイトではよく引用させていただいているNew Cameraさんの記事ですが、あまり信頼性がないと言われていますので、上記の記事は話半分でみていただきたいと思います。そもそも発売が予想される製品のリストということで掲載されていますので、そのあたりはお察しください。

というわけでみてみると、比較的無難な内容で、細かな仕様はともかく確かにこのような製品が発売されてもおかしくないのかなという内容にはなっていますね。

恐らくですが来年のCP+に併せて何種類かの製品の発表はあるのかなとは思いますが、どのような製品が発表されるのでしょうか。いまから楽しみですね。

(記事元)http://thenewcamera.com/fuji-upcoming-cameras-2023-expectations/

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「23年 富士フイルムの新カメラを予想 X-Pro4/X-S20/X-E5ほか」への1件のフィードバック

  1.  ニコンがEVFなしの(BCNも話題にした)Vlog機であるZ30を出したわけですが、フジに限らずですが、それに続くという予想が思ったよりないのでしょうか? ZV-E10の売れ行きは予想外?(海外では売れていない?) 個人的にはフジの23年は基本ZV-E10対抗機だけでよいのではと思ったりです(まだ生産が不安定?)。開発費かけすぎで株主に怒られそうな気もするので、Z30パターンのX-T200のEVFなしでもよいのでは。でもトライポッドグリップが高額なので無理か?

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。
が付いている欄は必須項目です