OMデジタル OM-5の仕様一部流出か 最大7.5段分の手ぶれ補正搭載

OM-5に関する仕様が流出

OMデジタルのOM-5に関する仕様が一部流出しているようです。どのような情報が流出しているのでしょうか?

それでは記事をみてみます。

MirrorlessRumors

Webサイトの画像が流出?

記事によればOM-5本体の画像とともに、OM-5の仕様を説明する画像も流出しています。それらの画像の一部を引用したものが上記になります。

これらの画像をみると、OMデジタルの製品サイトに表示する画像が流出したか、もしくはOM-5のカタログなどに記載される画像が流出した可能性が高いように思えます。

それでは、この流出した画像から、どのような仕様が明らかになったのでしょうか?まとめてみます。

  • 対応レンズで7.5段分の5軸手ぶれ補正(現在の対応レンズ3本)
  • 最大14コマをさかのぼれるプロキャプチャーモード(RAWも可能)
  • ダストリダクションシステム搭載
  • スマホのような縦位置の動画ファイルを撮影可能
  • NDフィルターなしでもスローシャッター効果のライブND
  • 5000万画素のハイレゾショット 2段分のノイズ軽減
  • AFで星にピントが合う星空AF
  • 星の軌跡を撮影できるライブコンポジット撮影

というわけで、流出した画像からは以上のような機能が搭載されていることがわかります。

画像はかなり精巧なもののようですので、恐らく本当に流出した画像だと思われますね。ということは、これらの仕様についても間違いなく搭載されるものと思います。

個人的に、OMデジタルソリューションズは、オリンパスからデジカメ事業を譲り受け、ある程度の結果を出したら、他のファンドや中国企業へ売却し、販売差益を得ようとしていたのではないかと考えていました。

これまで発売した各種レンズや、OM-1、OM-5をみると案外本気でカメラ事業を本業として成立させようと思っている可能性も高くなってきているのではないのかなと感じています。旧オリンパスのカメラ事業は今後どうなるのでしょうか?先行きはちょっと明るくなってきたのかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!