ニコン次の新製品はフルサイズ機と噂 Z 8/Z 6III/Z 5II/Z 4のどれか??

Z 50

ニコンの新製品の噂

ニコンの新製品に関する噂が投稿されています。ニコンは年内にどのような製品を発表する可能性があるのでしょうか?

それでは記事をみてみます。

■ Nikkor Zレンズ
・ Nikkor Z 85mm f/1.2
・ Nikkor Z 600mm f/4

またZマウントの新しいハイエンドのAPS-Cミラーレスレンズのうわさもあるが、この噂が現実のものになるか確認をまだ持てていない。もちろん、上記のリストは今年にニコンから手に入れることができるレンズのすべてではない。我々は、例えばZレンズのロードマップ上にはなかったZ 28-75mm f/2.8のようないくつかのサプライズとなるレンズを含む、さらなるZレンズを手に入れることは間違いない(ニコンは2025年までに50本以上のレンズを計画していることを思い出して欲しい)。

■ Nikon Zカメラ
・ ニコンは年内に2台の新しいカメラを発表すると噂されていた。最初の1台はNikon Z 30で、2台目のカメラは恐らくフルサイズになる(すでにネット上で登録されている)。

■ Fマウント
・ニコンの一眼レフカメラは死んだようだ。これは私が信頼できる情報を長いこと受け取っていないことを説明している。

NikonRumors

記事によれば、まずZマウント用レンズとして85mm f/1.2と600mm f/4のほか、さらなるレンズが発表される可能性があるとしています。また、これまでロードマップ上になかったのにいきなり発表されたタムロンODMのレンズのようにサプライズ製品もあるかもしれないとしています。同じくタムロンが発売している廉価な望遠ズームが登場する可能性もあるのかもしれません。ですが、恐らく古いモデルを流用するだろうと思いますので、タムロンが望遠ズームや広角ズームの後継製品が発売されるタイミングでニコンからの発表があるのかもしれません。

フルサイズはどのようなカメラになるのか

そして、Zカメラとしては新たなフルサイズ用のカメラが発表される可能性があるとしています。どのようなカメラになる可能性があるのでしょうか?

可能性は海外でも論議されていて、いろんな可能性があるとされています。

まずはNikon Z 5IIまたはNikon Z 4です。これはNikon Z 5の後継機種かさらなる廉価機になる可能性があると言われています。ただ、Z 5は廉価機でいまの性能でも十分だと思いますので、Z 5の後継機種が発売されるよりもNikon Z 6 IIIが発売される可能性のほうが高いのではないかと思いますね。仮にNikon Z 4として発売されるとしたら、Nikon Z 30のような動画撮影用カメラか、またはNikon Z fcのフルサイズ版になる可能性のほうが高いのではないかと思います。

次に上記でも記述しましたが、Z 6IIIが発売される可能性です。Z 6IIは基本仕様はZ 6のままで発売から長いこと時間が経過してしまい、他社の製品と比較すると仕様的に見劣りする状況です。Z 9のAF性能などを引き継いだ後継製品が待たれるところだと思いますね。そして噂では、ニコンはZ 6IIIに3000万画素台の新センサーを投入するのではないかと見られています。

最後の噂は、Nikon Z 8です。Z 8はNikon D850の事実上の後継機種になると考えている人が多く、Z 9とは異なり高画素センサーを搭載する可能性があるとしています。ですが、Z 8はZ 7IIと性能的にかぶることになるので、Z 8は高解像度機ではなく、Z 9の縦グリップがないタイプになる可能性もあると考えている人もいますね。ですが、それですといまZ 9にはたくさんのバックオーダーを抱えているときに、Z 9と性能的に似ているカメラを発売するのは得策ではないという人もいて連写性能の高い”小さなZ 9″が発売される可能性は少ないのかなとも考えられています。

個人的にはNikon Z fcのフルサイズ版が出たら面白いだろうなと思いますし、N-Logが使える動画撮影向けのカメラの発売も面白いなと思います。実際にはどのような製品が発売されるのか期待ですね。

Nikon Z 8の噂はこちらからも

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Z 50
twitterで最新情報をチェックしよう!