ソニー α9S、α7S IIIa、3600万画素APS-Cの噂

α9S、α7S IIIa、3600万画素APS-C、200mm GMの噂

噂のまとめ:α9S、α7S IIIa、3600万画素APS-Cミラーレスカメラと200mm GMレンズ

複数の情報について。私は誰がこれらの噂を送信してくるか知らないし、90%の確率でそれらが間違っていることが明らかになっている。しかし、過去、それらのいくつかが正しかったということがあった。だから、今日、私はこれらを投稿し、互いにこれらの情報を最終的に追いつづけることができるようにする。もし、この情報の一つが正しいということが明らかになったのなら、我々はこれらの噂を少しだけ信頼できることになる。

情報1

ソニーは新しい”Speed”カメラ ILCE-9SをEOS R3のあとにリリースする。EOS R3とILCE-9Sの両方とも2000万画素クラスのセンサーを採用し、廉価なILCE-1になるだろう。

情報2

αの新しいハイエンドAPS-Cミラーレスカメラは3600万画素のExmor Rセンサーを実装している

情報3

まもなく焦点距離が200mmのソニーレンズが登場するだろう。レンズは2つの異なるバージョンがあり、そしてすぐに最初のamabossersに配布されるだろう。最初のデモ用レンズとプレス用レンズはすでに組み立てられている。

情報4

ソニーがα7 IVの前にα7 S3aとα1aを出すことは不可能ではないようだ。

SonyAlphaRumors

ソニーの新製品の噂がでてきているようです。噂によれば、ソニーは以下のようなカメラを発売するかもしれないとしています。

・α9S 低解像度版α1。EOS R3への対抗機種。
・3600万画素APS-Cミラーレス
・α7S IIIa
・α1 a
・200mmレンズ

これだけだと何が何やらよくわからないので、ちょっとまとめてみます。

なお記事中のamabossersはタイポ(タイプミス)だと思われ、どのような意味の言葉なのかわかりませんでした。たぶん、実際に製品を試用してみるキヤノンの契約しているプロフェッショナルカメラマンのことなどを指しているものと思われます。

製品の内訳

まず、α7S IIIaとα1 aについては先日のα7R IV(ILCE-7RM4A)とα7R III(ILCE-7RM3A)のパターンだと思います。α7R IVaとα7R IIIaについては、仕様はほとんど同じで、ソニーのマークの有無だったり、背面液晶の解像度が増えたりしただけのもので、マイナーチェンジというようなものでした。たぶん、部品の供給の問題で変更せざるを得なかったのだと思いますが、α7S IIIaとα1 aについても単純なマイナーチェンジバージョンということになるのだと思います。

そして、3600万画素のAPS-Cと、200mmレンズは、そのまま発売されるかもしれないという噂がでてきているようですね。

この中で最も気になる情報はα9Sというカメラではないでしょうか?現状のカメラはα1が5010万画素で30コマ/秒、α9IIが2420万画素で20コマ/秒というカメラです。そして、EOS R3は2410万画素で30コマ/秒を実現しています。なので、ソニーとしてはEOS R3への対抗上、α1では価格も高いし画素数も多すぎるし、α9IIでは画素数が多いけれども連続撮影コマ数が少ないということになります。なので画素数が少ないけれども連写性能を高めたような機種をEOS R3の対抗機種として発売したいということで、α9Sという新シリーズを発売する可能性があると示唆していることになるのだと思います。

そうなるとSという名称は低画素バージョンという意味として今後も使われることになるのでしょうか。もし画素数が少なくなるとすると、α9Sでも動画性能や高感度耐性がさらに向上する可能性もあるので、ラインナップはなんかちょっと混乱するぐらい複雑になってしまう印象でもありますねる

ただし、記事にもありますが、これは完全にデマの可能性もあるので、話半分ということで噂を楽しむ程度にしておいたほうが良さそうです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!