タムロン 35-150mm f/2-2.8、28-75mm f/2.8のカタログが流出

タムロン 35-150mm f/2-2.8、28-75mm f/2.8のカタログが流出

https://twitter.com/nokishita_c/status/1438278384501493764

軒下デジカメ情報局 @nokishita_c

タムロンが「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)」と「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)」の英語カタログを公開しました。現時点で予定している発売日は2021年10月28日? #噂

軒下デジカメ情報局

タムロンが8月5日に開発発表をしていた、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2についてのカタログが流出しています。

まだ正式に発表されていない、この両レンズですがすでにパンフレットが作成されているようで、発売も間近ということがいえそうです。そして噂によれば、2021年10月28日にもこれらのレンズが発売される可能性があるようですね。

開発発表という発表の謎

最近は、インターネットやSNSの発達のおかげで、誰もが簡単に情報を発信できるようになっていますので、情報の秘匿というのが難しくなっていますね。メーカによっては、ほぼザルとも言える状況で情報が漏れてしまっているケースもあります。

先日も、これはメーカの責任ではなくメディアの責任ですが、本来は公表してはいけない日時で製品発表の記事を投稿してしまったメディアがありました。

キヤノン EOS R3発表を報じる”予定稿”流出か 価格 発売日 視線入力の詳細も

そして、この開発発表という発表が行われる理由はなぜなのですかね?いまいち理由がよくわからなくて、発売が決定したときに発表すればいいのになと思っています。

たぶん、あらかじめ、このような製品を発売する予定ですよと告知することで、他社にユーザを逃してしまうことを防ぐ目的なのかなと思うのですが、その効果はどれぐらいあるのでしょうか?マーケティングが得意といわれているキヤノンも開発発表やティザー広告を多用していることから、かなり効果的なのかもしれません。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!